体験談

彼よりも猫を選んで復縁に失敗した体験談

cat_love

猫を可愛がり過ぎて、愛想を尽かされ…

私は一人暮らしをしていて、雑種の猫を一匹飼っています。
彼と付き合っていたときも、猫ばかりを可愛がってしまうほどの猫好きです。
子供の頃に両親が離婚して父子家庭で育った私は、常に猫が心のよりどころだったのです。

彼にする話は猫の話題ばかり、猫のことが気になってデートで遠出をすることはほとんどありませんでした。
そのため彼は愛想を尽かしてしまい、別れることになってしまいました。

猫と一緒に暮らしているため、別れても寂しくないだろうと思っていました。
しかし、毎日のように孤独に襲われるようになっていったのです。

別れてから3週間ほど経った頃から寂しさのあまり彼にメールをするようになりました。
彼からの返信はなく、一日一回の頻度で私から一方的に送り続けました。
話題がなかったので、私の猫の様子を伝えたり写真を添付したりしました。
彼は私が猫ばかりをかまうのが嫌だったのにも関わらず…

そのうちメールの内容を「仕事は順調?」などと彼について聞くようにしたら、たまにメールが返ってくるようになりました。
彼も寂しかったらしく、もしかしたらこのまま復縁できるかもと思っていました。

しかし、彼は「猫を手放すなら、ヨリを戻してもいい」と言うのです。
確かに彼にとってはその方が良いとは思いますが、家族同然の猫を手放すことはできません。
私は彼との復縁をあきらめることにしました。
今は猫好きが集まるパーティーなどに出席して、出会いを増やしています。

【広浜 未佳さん/女性/27歳】

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける