復縁メール

1日1回は多い?復縁したい相手との適切なLINEの頻度とは

frequency

本格的な復縁の始まりは、元カレとコンタクトが取れるようになってから

LINEはメールとは違い、スタンプなどで気軽に軽い話題を作る事で連絡を取る事が可能です。相手と別れた後にまずは、冷却期間を取る事が必要です。冷却期間を取らずに連絡を頻繁に取る事は相手に距離を置かれてしまう可能性がありますので注意が必要です。そして、冷却期間が明けて、元カレとコンタクトが取れるようになってからが、本格的な復縁の始まりです。復縁に向けてまずは友達関係の距離間が作れるように相手との距離を縮める事が大切です。お付き合いしていた頃の相手の趣味や好きな事を思い出し、LINEで何気ない会話をする事から始める事で相手に警戒されずに自然に距離を縮める事ができます。

 

1日に何度もLINEを送るのはNG

冷却期間を置き、何度かLINEで返信がくるようになり再び連絡が取れるようになったからといって、1日に何度もLINEを送るのは相手の心を離れさせてしまう事になりますので注意が必要です。最悪の場合、既読無視や音信不通に繋がります。別れた相手の場合、貴方の優先順位が下がっていますので、復縁まではLINEを送ってもすぐに返信が来ない場合があります。その際に相手を責めるような「なんで返信くれないの?」「冷たい人だね」などとのLINEを送る事は逆効果になります。相手からの返信が無かった場合もスタンプや何気ない会話に留め相手の返信を待つ事が必要です。返信を催促しない事は、貴方の依存や未練の大きさには気がつかれずに復縁に進む事ができます。重たい女性になってしまうと男性は離れていく可能性がありますので注意が必要です。

 

2人の関係が盛り上がるまでは薄い繋がりを維持すること

LINEで連絡が取れるようになったからと言っても、2人の関係が盛り上がるまでは薄い繋がりを維持することに集中したほうがいいです。まずは友達関係を意識し相手の警戒を解き、貴方の存在を再認識してもらう必要があります。LINEの頻度は3日に1度くらいにし、相手に依存する事無く、復縁に向けてどっしりと構える心持ちでいたほうが復縁の可能性が高まります。再び関係が盛り上がってきましたら、相手の悩みを聞いてあげたり食事に誘ったりするなど段階を踏む事が大切です。そして、どのタイミングで相手の気持ちが盛り上がっても良いように普段から自分磨きをする事で、相手と会った時に貴方の魅力がアップし復縁の可能性が高まります。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける