復縁メール

誠実さが伝わらない?復縁時には厳禁のLINEスタンプ

stamp

復縁時にはスタンプの扱いに要注意

LINEにはメールと違い、短文よりも言いたいことが伝わりやすい効果が有ります。そして、スタンプには簡潔に伝える事ができ、多種類の絵柄があることから可愛い為に、相手にも気持ちが伝わりやすく空気が和む等の利点がありますが、簡潔に相手に送れるからこそ、送った意味と全く違うマイナスなイメージに勘違いされてしまう可能性がありますので復縁の際にスタンプを送る際は注意が必要です。スタンプを送る前に、今はスタンプを送る段階なのかを考えて、復縁に向けての距離感を作る事がまずは大切です。

 

復縁時にスタンプを送ると、ふざけていると思われる

LINEは復縁時に大変効果的ですが、復縁時に簡単なスタンプを送ると、ふざけていると思われる可能性があります。スタンプには言葉がありません。復縁時などの距離が離れている相手に使う場合には言葉が無い事で、「復縁したい気持ちを分かって欲しい」という思いから相手に送ったとしても相手にとっては「自分の存在を否定されている、それだけの存在なんだ」と嫌味に感じさせてしまう可能性があります。そして、スタンプには肝心の用件が伝わらないというデメリットがあります。相手との距離が近づきましたら、スタンプには相手への返信を強制するなどの負担がありませんので、復縁の一歩への友達関係を築く為には高い効果を発揮します。その時に応じたLINEをする事で復縁の確率は上がります。

 

真面目な話題の時にはちゃんと自分の言葉で伝える

LINEのスタンプは、簡単に送れる為に復縁したい相手に送りやすいですが、場合によっては勘違いされてしまう事があります。人間は自分の経験を元に物事を判断する性質があります。会った時よりも電話、電話よりもメール、LINEのように相手との物質的な距離が離れるにつれて、自分の主観で物事を判断する可能性が高まりますので、自分の伝えたい事が伝わらずに誤解される可能性も高まります。今はインターネットの時代で検索するとすぐに復縁の仕方などのマニュアルが出てきます。復縁の為にマニュアルを参考にする事も必要ですが、最後は真面目に自分の言葉で伝える事が何よりも相手に誠意が伝わります。そして、LINEでのスタンプは日常的な軽い話題の時に限定して送る事で、相手は貴方の事を信頼してくれ、復縁の確率も飛躍的に上がります。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける