復縁コラム

結婚する気のない元カレとの復縁はあり?なし?

結婚する気のない元カレとの復縁

結婚の話が原因で別れてしまう典型的なケース

20代後半から30代にかけては、彼氏・彼女とも何かと結婚を意識する機会が多くなってきますよね。
彼女側に結婚する気があっても、彼氏にその気がなかったりすると、いつも結婚の話が原因でケンカになり、そして最終的に別れてしまうカップルは意外にも多いのです。
 
もちろん、彼氏側が結婚を真剣に考えていて、彼女側にその気がないというパターンもありますが、いずれにせよ結婚を意識する年頃になると、これまで良好だったカップルとしての関係も崩れやすくなる傾向にあり、片方にその気がないと彼氏彼女として継続していくのが難しくなります。
 
このままズルズル付き合っていて、適齢期を過ぎてから「やっぱり結婚できない」なんて言われたら最悪・・・。彼氏に結婚する気がないなら、早めに自分から区切りを付けて別れを切り出した方がいいのでは・・・、と思うのは、その年頃の女性として当然のことです。
 
でも、実際に別れた場合、やはり寂しさや後悔の念にさいなまれるのも事実。決して彼氏の性格や態度が気に入らなかった訳ではなく、結婚という事実に対する確証が得られなかっただけですので、元の鞘に納まりたくなる気持ちも分かります。
そんな揺れる想いは、どのように捉えて対処していけば良いのでしょうか?

 

自ら復縁を望むパターン

「結婚する気がないなら別れる」と自分から切り出したけど、やっぱり元カレのことが忘れられない、もう少し考える時間を与えてあげたい、などと考え直し、自らが復縁を望むパターンを考えて見ましょう。
 
元カレ側からすると、新たな彼女がいない限りは彼氏・彼女のカップルの関係に戻りやすい反面、「自分から別れると言ってきたのに復縁したいだなんて、ずいぶん身勝手だな・・・」と思われてしまうかもしれません。そうなると、元カレの方が常に優位に立つ関係となり、今後結婚に関する話題はタブーになってしまうかもしれません。
 
結婚を前提に考えている場合、単に元カレのことが忘れられないという理由だけの復縁はオススメできません。元カレが「結婚を考える時間が欲しい」ということであれば、復縁もアリですが、結婚を意識した時点で元の関係に戻るのは難しいという点は心しておく必要があるでしょう。

 

元カレから復縁を迫られるパターン

次に元カレの方から復縁を迫られるパターンについて考えてみましょう。
多くの場合で「結婚を前提に考え直すから~」という意思表示をしてくると思います。
彼女側としても、決して嫌いになって別れた訳ではないので、「できることなら復縁したい」という気持ちの方が大きいかもしれません。
 
でも、その言葉を本当に鵜呑みにして良いのでしょうか?
 
もちろん、まったく信用しないというより、しばらく様子を見て元カレがどのように変化するかの見極めが重要ですが、その場しのぎ的に結婚をチラつかせている可能性もありますので、その場ですぐに判断せず、冷静になってゆっくりと考える時間を持つ必要があります。
 
過去記事「破局がきっかけとなり、結婚に至った復縁成功談」のように、彼女から結婚の意思を示すことで、彼氏側の心境が大きく変わることも往々にありますので、元カレからの復縁意思は良い方向に向かうことも少なくありません。
 
自分自身も復縁を望むのであれば、元カレの結婚に対する意識を変えさせることも愛情の一つではないでしょうか?

 
≪その他のオススメ復縁コラム≫
諦めるべき?復縁相手に新しい恋人がいた場合
男女共通!復縁は「聞き上手」に始まり「聞き上手」に終わる。
 

▼復縁コラム記事一覧に戻る

 

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける