復縁占い

崩壊やアクシデントなどトラブルの暗示?復縁占いにおける「塔」のカード

崩壊やアクシデントなどトラブルの暗示?復縁占いにおける「塔」のカード

最凶のカード?No,16「塔(The Tower)」の基本解釈

人気のシリーズとしてお伝えしている「大アルカナカードの絵柄の意味合いや復縁での捉え方」のなかでも、今回ご紹介するのが、22枚の大アルカナカードでも最凶の運気を示唆すると言われる

 

16番目のカード「塔(The Tower)」

 

についてご紹介していきます。

 

上記イメージ画像にもありますように、高くそびえ立つ塔に稲妻が落ち、人々が投げ出される描写を描いた「塔」のカードは、

 

突然の災害やアクシデントに見舞われる

 

とされており、大アルカナカードの中でもNo,15の悪魔No,13の死神と同様に、ネガティブな出来事を象徴するカードとして捉えられます。
このカードの絵柄に記された塔は、人間の思い上がりや傲慢さを表した旧約聖書のバベルの塔とも言われ、災害や災難などの外的要因により、

 

今まで築いてきたものを崩壊する

 

ことを意味しております。
もちろん、その災難を回避することは難しく、いかにしてその災難を最小限に抑えるかは自分次第。復縁においても、何らかのトラブルによって、これまで築いてきた元カレや元カノとの

 

いい感じの雰囲気や関係性が崩壊する

 

恐れがあるカードなのです。

 

もちろん、運気としては最もネガティブなカードであることに変わりはありませんが、一方で

 

間違っていることを正すための試練

 

を諭すもので、「もう一度やり直しなさい」といったような、天からの思し召しと捉えることもできます。
No,0の愚者から始まる放浪の旅は、様々な変化や成功を遂げて人間としても成長し、そして試練という形でこれまでの成功が崩壊し、そしてNo,17のカード「星」以降で、再び運気を取り戻していきます。

 

今回は、そんな災難の暗示となる「塔(The Tower)」について詳しく見ていくことにします。
稲妻が落ちた塔と、投げ出される人々は、一体何を表しているのか?詳しく見ていきましょう。

 

▼関連記事
タロット占いにおける「死神」のカードの復縁の行方と捉え方

 

「塔」の絵柄の構図の意味合いと正位置・逆位置の捉え方

まず始めに、塔(The Tower)のカードの絵柄の構図を見てきましょう。

冒頭でも軽くご紹介いたしましたが、高くそびえ立つ塔、そこに稲妻が落ち、塔の上の王冠は崩れて二人の人間が投げ出されています。
この塔は、旧約聖書で描かれているバベルの塔であり、

 

人間の傲慢さで築き上げられた塔が神の天罰によって打ち砕かれた

 

と捉えることができます。

 

また、塔が立っている地面を見ると、安定した土地ではなく崖の上に立っていることが分かります。
崩壊の危険があることを承知のうえで積み上げられていたと捉えることができ、つまりそれは、

 

いつかは崩れ落ちる脆いもの

 

であることの暗示でもあります。

 

構図に描かれた稲妻は、天の意思や力とされ、外的要因によって突如起こるアクシデントを示唆するもの。
さらに塔の上の王冠は、地位や名誉、財産などを表しており、

 

不可避な災難によって現状が壊される

 

と考えればいいでしょう。

 

このようなネガティブな運気を示唆する「塔」のカードは、正位置と逆位置とでさほど捉え方に違いはないという点も特徴のひとつ。
正位置で配置されるほどネガティブではないかもしれませんが、逆位置においても

 

災難を目前に不安定な状態に陥っている

 

という捉え方になるので、決して予断を許さない状況にあると言えます。

 

正位置での基本的な捉え方としては、突然の災害や事故などのアクシデントによって復縁が頓挫する可能性を示唆する一方、

 

次のステップに進むべきとの暗示

 

とも捉えることができます。

 

一方、逆位置で配置される場合は、

 

復縁過程における二人の不安定な関係性を示し

 

復縁の成就が難しい状況、そして距離感も縮まらないという精神的にも中途半端な状態が続くことの暗示と言えます。
当面、現状を打開するのは難しく、安易に行動することで全てが裏目に出てしまうことになるかもしれません。

 

▼関連記事
復縁占いには縁起の良いタロットカードの種類と捉え方

 

自らを過ち認めて考えを改めることが運気を呼び戻す鍵

これまでお伝えしたように、「塔」のカードは突然のアクシデントや災難によって全ての物事がネガティブな方向に進んでいくことを示唆します。
そのため、復縁アプローチにおいては、

 

どんなに相手を想って復縁を願ったとしても

 

以前のような恋人関係に戻ることは難しく、これまで築いてきた関係性も失われる可能性が高いと捉えるべきでしょう。
仮に、運気が悪いからといって、何もせずに静観したとしても、

 

復縁したい相手はどんどん離れていく

 

ため、何をしても上手くいく状況ではありません。
冒頭でもお伝えしたように、このタイミングが「間違っていることを正すための試練の時期」と捉え、これまでの自分を見つめ直し、元カレや元カノと分かれてしまった原因を考え直して、

 

次の恋愛に活かすための準備期間

 

と捉えることが大切です。

 

「塔」のカードでは、人間の傲慢さに対して天罰を受けておりますので、仮に自分自身に当てはめた場合、気付かぬうちに相手に対して傲慢な態度を取っていたり、過信をしすぎていたりと、何かと反省すべきことが多かったのかもしれません。

 


・自分本位になり過ぎていなかったか?
・元カレや元カノを敬っていたか?
・絶対にフラれないと過信していなかったか?

 

こんな傲慢さを見直すきっかけとなってくれるのが「塔」のカードです。

 

復縁したい元カレや元カノに対して、慎重かつ大切にアプローチしてきたようであれば、天罰という災難やアクシデントには見舞われないかもしれませんが、いずれにせよ心理的な運気も最も低い状態ではありますので、

 

自ら積極的にアプローチするようなタイミングではない

 

ということを胸に刻んでおくようにしましょう。

 

≪その他オススメの復縁占い≫
タロット占い・22枚の大アルカナカードのご紹介
見た目に反してポジティブ!「吊るされた男」の解釈と復縁での捉え方

 

▼復縁占い記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける