復縁メール・LINE

復縁はおろか、ブロックリスクさえある痛いLINEの復縁アプローチ

復縁はおろか、ブロックリスクさえある痛いLINEの復縁アプローチ

別れた相手のLINEをブロックする心理とは?

復縁したい相手からのLINEブロックほど悲しいものはありません。
復縁のきっかけを作るための便利な連絡手段であるLINEがブロックされてしまうと、復縁を望むこと厳しいかもしれません。

 

そんなにも嫌われてしまったの…
もう連絡とれない…

 

と落ち込んだり、不安になってしまうことあるでしょう。

 

「ブロック=拒否される」ことはとてもショック

 

ではありますが、ブロックする相手の心理状況も複雑だったりするもの。
単純に嫌いになったとは言い切れず、実は未練を抱えていることもあるんです。

 

LINEブロックをしてしまう心理とは、


・連絡しないで!という意思表示
・気持ちの整理をつけたい
・何も考えたくない、1人になりたい

 

などが多く、相手から誘われてしまうと別れを決意した意思も揺らいでしまう、といったような気持ちの表れだったりするのです。そして、

 

ブロックするタイミングでもっとも多いのは別れた直後

 

ですが、復縁アプローチが原因でブロックされることもあるので、相手が不快にならないように気配りしながら復縁アプローチする必要があります。

 

次のコーナーでは、痛いLINEの復縁アプローチの実例をご紹介していきますので、復縁したいときにやってはいけない「NG行動」の参考にしてくださいね。

 

▼関連記事
LINEブロックからの復縁成就!関係を再構築できる心理アプローチ

 

こんなLINEはNG!痛々しい復縁LINEアプローチ例

復縁したい気持ちが大きくなると、連絡を取りたくなったり、相手のタイムラインをチェックしたくなったりしますが、その限度がすぎると復縁が遠のいてしまうことも…。

 

ここでは、そんなことするの?と驚いてしまうような痛々しいNGアプローチをご紹介します。

 

《一方的にLINEや電話をする》

「おはようー!今日はいいお天気だね」
「仕事が忙しくて、疲れちゃった…」

 

など、大した用事がないにも関わらず、LINEや電話をするのはやめましょう。別れてしまったのだから、付き合っていた時と同じような距離感ではいけません。
別れた相手から送られてくる一方的なLINEほど面倒なものはありませんので、既読がつかなくても何通も送信し続けるというようなことは絶対に避けましょう。

 

《相手の気持ちを考えずにしつこく復縁をせまる》

「もう一度付き合おうよ!」
「悪いところは直すから、やり直してー」

 

などと、LINEで復縁をせまるのはNG。
ましてや、別れを切り出したのがあなたなら「別れようって言ってきたのはそっちなのに…」と自分勝手な人だと思われてしまいます。

 

《相手のタイムラインに「いいね」したり、コメントをする》

仲間内での楽しいBBQの投稿に

 

「今度は私も誘ってねー!」

 

というような、コメントをする人もいるんです。
別れた相手が自分のタイムラインを見ていたら、どう思いますか?
ストーカーじゃん!と思われてしまうこともありますので、相手のタイムラインを見たいなら、見るだけで「いいね」をしたり、コメントは控えましょう。

 

《自分のタイムラインで相手の気を引くような投稿をする》

「男友達に誘われて、二人きりで飲んできちゃった」

 

などの異性を匂わした相手の気を引く投稿や

 

「元カレが忘れられないよー!」

 

などの別れた相手を引きずっているアピールは、復縁には効果的ではありません。

 

このようなNGアプローチが原因でLINEがブロックされてしまうこともありますので、復縁したいと焦る気持ちを抑えて行動しましょう。

 

▼関連記事
「うざい」と感じさせない復縁メール・LINEのテクニック

 

ブロックされた時期やタイミングで復縁成就の可能性が明白に

一度ブロックされてしまったら、解除されるのはなかなか難しいことです。
中には、そのままブロックされ続けてしまう場合もありますし、削除もあり得るのが実情。

 

ですが、別れた直後のブロックは感情的なものが多く、1ヶ月~3ヶ月ほどでブロックを解除されることが多いんです。
ケンカ別れの場合には、一時の高ぶった感情が冷静になり、「もうブロックしなくていいかな」とか「どーしているかな」と感じて、ブロック解除に至るようです。ブロック解除に続けて、連絡がくることも!そうなれば、

 

復縁の可能性は高く

 

それをきっかけにアプローチすれば復縁できるかもしれません。

 

反対に、別れた直後はブロックされずに期間を置いてからブロックされた場合は、

 

復縁の可能性は低いです。

 

これは、復縁アプローチ中にブロックされた場合も同様で、冷静に

 

縁を切りたい
今後一切関わり合いを持ちたくない

 

などと考えていることが多いので、復縁を期待しない方がいいのかもしれません。

 

ですので、LINEでの復縁アプローチは慎重に行う必要があり、飲んだ帰りや深夜など、気持ちが高ぶっているような時に連絡を取ることは控えることが大切。

 

一歩間違えれば、復縁の可能性はゼロになってしまいます。
相手に引かれるような行動は控えて、相手の気持ちを考えて行動しましょう。

 

▼関連記事
別れた直後にLINEは読んでもらえる?男女で違う恋愛心理

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
恋愛心理学を応用!復縁メール・LINEで相手の心を開かせよ
復縁に成功したメールってどんなメール?成功例を見てみよう

 

▼復縁コラム記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける