復縁メール・LINE

元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?

元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?

 

大切に想っている人ほどアクションは早い?

近年、人と人とのコミュニケーションツールの主流となっているLINE。
一昔前までは、知人・恋人問わず携帯メールなどの電子メールがやり取りの主流ではありましたが、すでに電子メールを使っている人も限られており、昨今ではLINEを中心としたSNSがその役割のほどんどを占めています。

 

メールもLINEも、相手とテキストで連絡を取り合うという意味合いでは、さほど大きな違いはありませんが、LINEでは電子メールとは異なり「相手が読んだかのか?読んでいないのか?」が把握できるという観点で、様々な憶測を呼びやすいのも事実。

 

・なんで既読してくれないんだろう
・まさかブロックしているのでは?
・既読しているのになぜ返信してくれないんだろう・・・
などなど

 

メールより便利になった反面、送った側を不安にさせる要素も増えたというのが実情かもしれません。

 

もちろん、相手の状況が分からない状態では、単に仕事中でスマホをみていない場合もありますし、既読はしたけど満員電車のなかで返信が打てないなど、様々な状況が考えられますので、相手の既読・未既読で一喜一憂する必要はありませんが、普通に考えても

 

興味があったり、大切に思っている人ならすぐに返信する

 

と考えるのが自然で、返信を忘れてしまうような相手なら、復縁成就はおろか、友達関係としても関係修復は難しいかもしれません。

 

ただし、LINEのやり取りにおいては、その人の性格が出やすい傾向もありますので、復縁したい相手のペースに合わせてあげることも重要。
そんなLINEのやり取りで分かる、相手の復縁に対する想いについてご紹介していきます。

 

▼関連記事
復縁メールの返信、すぐする派としない派のその効果とは

 

 

既読後に返信がなくてもうろたえない

好きな相手や復縁したい相手へLINEを送る場合、その送る内容はもちろんですが、その後の反応が特に気になるところ。復縁したい側からすれば、

 

かなり文章を考え、勇気を振り絞って送った内容

 

だと思いますので、その気持ちに応えるような返信を期待してしまいがちです。ゆえに、既読がなかなかつかなかったり、既読がついても返信がなかったりすると、なおさら不安になり、

 

なんでちゃんと返信してくれないの?!

 

と怒りさえ覚えてしまうかもしれません。

 

ただ、それは相手への一方的な押し付けであり、仮にそっけない返信しか来なかったとしても相手を責めるのは筋違い。
仮に相手に復縁の気持ちがあったとしても、既読がなかなか付かない場合もあれば、返信が来ないことも十分に考えられるのです。

 

もちろん、付き合っていた当時はまめにLINEをくれたり、返信も早かったということであれば、相手の変化に戸惑うこともあるかもしれませんが、あくまでも復縁の過程においては、付き合っていた当時の彼氏・彼女ではありません。

 

その当時の彼氏・彼女像を無理やり押し付けて、

 

鬱陶しい

 

と思われてしまえば、その時点で復縁の可能性は限りなく低くなります。
復縁をアプローチしている過程においては、あくまで相手のペースに合わせ、相手が既読してくれる、さらには返信してくれるのを静かに待つようにしましょう。

 
▼関連記事
既読スルー、メール無視?!元カレから返信がこない理由とは

 

既読無視やそもそも既読にならない場合の対処法

上記で軽く触れましたように、スマホアプリであるLINEは、その人の性格が良く出る傾向がありますので、既読と共に返信をしてくれるタイプもいれば、既読後しばらくしてから返信するタイプ、そもそも既読がつくのが遅いというタイプも決して珍しくありません。ただし、一般的に言えば

 

興味がある相手ならすぐに返信がある

 

と考えるのが自然なので、復縁のアプローチとしてLINEを送ったけど、一向に既読が付かない、既読になってるけど返信がないという場合には、現時点での復縁成就の可能性は低いと考えておいた方が良いかもしれません。

 

ここでやってはいけないNG行動が

 

返信や既読を促すこと!

 

遅かれ早かれ結果を知った方が良いという観点では、早めに復縁の可能性があるのか、ないのかを判断した方が良いかもしれませんが、相手からしてみれば「ウザい」と思われてしまう可能性が高いので、くれぐれも返信を要求するようなメッセージを送信することは避けましょう。

 

相手からのアクションがない場合の対処法としては、1~2週間程度間を空けてから再度別の用件でメッセージを送信してみる。また、何か返信をする必要があるような内容を投げかけて見るのもよいでしょう?

 

例えば、「○曜日の夜に電話してもいい?」といった内容であれば、既読無視もしにくくなります。

 

ここでのポイントは、独りよがりのような返信に困るような内容のメッセージになっていないかをよく確認してから送信しましょう。その返信の速さや頻度で、相手の復縁に対する前向きさが窺えるかもしれません。

 

相手のことを良く考え、相手の気持ちになってメッセージを送ることを常に心掛けましょう。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
復縁成功の鍵は「感謝」の気持ち!謝意を伝えるメール術
復縁したい!メールをいつ送るかで復縁の成功率って違うの?

 

 

▼復縁メール・LINE記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける