LINEでのやり取り

これは脈なしパターン?メールやLINEの文脈から見る復縁成就の確度

これは脈なしパターン?メールやLINEの文脈から見る復縁成就の確度

LINEのやり取りで見る復縁成就の可能性と脈なしの見極め方

時間や状態を気にせず、手軽に相手にメッセージを送れるLINE。
最近では、LINE以外にもSNSのDM機能なども活用されることが多くなってきましたが、手軽に相手にメッセージを送れる一方、

 

相手からの返信といった反応もまた一方通行

 

であるがゆえ、既読しないとか、既読付いたのに返信がないとか、そもそも返信が遅いとか、様々なトラブルや精神的なプレッシャーが生じているのも事実です。
付き合いはじめのカップル同士なら、多少の不満は互いに消化できると思いますが、ある程度の期間付き合ったカップル同士にもなると、それが原因でケンカになったり

 

LINEの返信が遅いというだけで別れてしまった

 

というケースも決して少なくありません。
さらにこれが復縁ともなると、かなり難易度が高いということは容易に想像できるところではありますが、ご想像のとおり

 

LINEのやり取りだけで復縁を成就させるのは難しい

 

というのも事実としてあります。

 

そこで今回は、元カレや元カノとの復縁アプローチにおいて、相手の返信度合いによって判断できる脈アリ?・脈ナシ?パターンについて深く掘り下げ、どのような返信内容や返信までの時間、そして

 

その文脈に応じた復縁成就の確度

 

などについてご紹介していきます。

 

もちろん、個人個人によって性格が異なりますし、LINEメッセージに対する認識や価値観も様々ですので、一概に言えない部分も多いのですが、やはり別れてしまった元カレや元カノとの最初の連絡手段としてはLINEなどのSNSがメインとなると思いますので、そのアプローチの成功度合いを高めるためにも、しっかりと復縁LINEテクニックを身につけておくようにしましょう!

 

▼関連記事
気になる度抜群!LINEでの復縁切り出しタイミングと告白文例集

 

実は自分自身で招いている?復縁脈ナシパターンの文脈判断

実は自分自身で招いている?復縁脈ナシパターンの文脈判断

 

復縁したいと思っている側としては、相手にうまくその想いを伝えられるか?という気持ちばかりが先行してしまい、なにかと長文を送ってしまったり、送信回数が多くなってしまったりする傾向にあります。

 

とあるアンケートでも、

 

・LINEの長文は読まない、
・読んでないから既読だけつけて返信しない
・送信回数が多いとウザい

 

といった声があるほど・・・
復縁したい気持ちが強く、そして焦るほど長文になったり、長文を小分けにして送信回数が増えてしまったりして、相手の不快感を招くというケースは意外と多いのです。

 

要は相手からの返信は自分の送信内容次第

 

ということですね。

 

定期的に変更されるLINEの仕様にもよりますが、現状ではトーク一覧画面で長押しすれば、既読をつけずにメッセージを読めたりもしますので、既読・未読に関わらず、元カレや元カノが不愉快にならず、かつ

 

返信しようと思う内容のメッセージを送信する

 

ということに全振りすべきなのです。

 

復縁アプローチにおいては、どうしても「自分は復縁したい~・自分は○○したい~」といった独りよがりになりがち。
こうしたメッセージほど、返信が来なかったり、既読が付かなかったりといったパターンに陥りやすいということを覚えておきましょう。

 

かといって、ナチュラルさを意識するあまり、返信に困るような薄っぺらい内容のメッセージもまた不快感を招きます。送られてきた元カレや元カノからすれば、

 

あなたの意図が分からず、それを考えるのもまた面倒

 

という状況です。
それだけ、あなたの存在感や心の中での意識が薄れているという状態。例えば、あなたが自然にメッセージを送ることを意識しすぎるあまり

 

◆あなた:久しぶり~元気?
最近忙しい?

 

◇元カレ:元気・大丈夫

 

・・・おわり

 

これは、元カレがそっけないのではなく、会話を続けるための材料を元カレ側に丸投げしている状態なのです。
自分が送ったメッセージに問題があるということを自覚しなければなりません。

 

▼関連記事
復縁を成就させるLINEやメールラリーの終わらせ方・締め方

 

心地よさを感じる文量や熱量は元カレや元カノに合わせよう

冒頭で、長文メッセージや送信回数が多いメッセージはNGとお伝えしましたが、これはある意味、復縁したい元カレや元カノの性格や熱量に合わせることが重要です。

 

元々、長文メッセージが多いかった相手であれば、長い文章でも問題ない場合が多く、細かく淡々と送ってくる性格であれば、送信回数が多くでも不愉快になることはないかもしれません。

 

ただ、別れてからある程度の冷却期間が経過していれば、

 

1、気持ちも落ち着き、あなたに対する複雑な気持ちもフラットになる

 

この場合は、自然にLINEでのやり取りができます。復縁したい気持ちをおしつけたり、しつこくメッセージを送るのではなく、自然さを意識しましょう

 

2、気持ちも落ち着き既に別の恋人がいる、もしくは好きな人がいる

 

この場合も自然にLINEのやり取りができますが、反応がそっけなかったり、会話は続かないケースが多いかもしれません。
また、相手の性格によっては返信が来ないことも多い傾向にあります。

 

3、まだ相手の気持ちも落ち着いていない、あなたに対して不信感がある

 

こうした場合、既読無視であったり、そもそも既読にならないといったパターンが多いかもしれません。
また、返信までに時間を要するため、じっくりと腰を据えて待つくらいの気持ちが必要です。

 

これらのように、相手の状況次第でメッセージの反応は変わりやすいため、一概に脈アリ・脈ナシを判断するのは難しいところではありますが、その温度感を見極めるポイントとしては

 

≪復縁脈ありメッセージパターン≫
1、比較的早い段階で返信が来る
2、会話の流れで絵文字・スタンプを活用してくる
3、ある程度会話のキャッチボールが続く
4、相手から何らかの質問をしてくる
5、自分のことを積極的に話してくる

 

≪復縁脈なしメッセージパターン≫
1、ひと言・ふた言で会話が続かない
2、「またね~」っと一方的に会話が切られる
3、単刀直入に用件を聞いてくる
4、他の異性の会話を持ち出す
5、やっつけスタンプでトークを終わらせようとする

 

これらを踏まえ、復縁成就の確度を早めに見極める必要があります。
脈ナシの状態を掴めず、ひらすらLINEを送り続けるのってかなり痛々しいですよね。

 

こうした空気を読む能力もまた、元カレや元カノからしたら必要なスキルではありますので、引く勇気を持つことで意外と元カレや元カノの方からLINEが来たりするかもしれません。

 

▼関連記事
元カレ・元カノ側から会いたいと思わせる!復縁LINEの魅せ方テクニック

 

≪復縁メールに関するオススメ記事タグ≫

LINEに関する記事一覧
SNSに関する記事一覧

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける