復縁メール

メールやLINEが途切れたら復縁はもう無理?再開のタイミングが重要

メールやLINEが途切れたら復縁はもう無理?

突然の音信不通~どうしたらいい?

大きなケンカをしたわけでもないし、いい付き合い方をしていたと思っていたのに、何の前触れもなく突然連絡がなくなってしまった・・・メールやLINEも返信してくれないし電話も留守電で応答してくれない。彼や彼女の身に何かあったのでは?と心配になってしまうこともあるかと思います。
彼氏・彼女の関係であれば積極的に原因を探る必要がありますが、復縁を目指している状況の間柄であれば、そこまで積極的に踏み込めないのも実情で、心理的にも辛い状態が続くことになります。

 

これまでの経緯や流れにも因りますが、復縁に向けてうまく物事を運ぶためには忍耐が必要です。ただし、待ち続けてチャンスを逃してしまう恐れもありますので、迷惑にならない程度に相手へのアプローチは継続しなければなりません。
メールもLINEも、実際に無視されているのか、本当に気づいていないのか、はたまた機器トラブルなのかの判断がつかないため、相手から返信がないからといって簡単に諦めてしまうのもナンセンス。

このページでは、途切れてしまったメールやLINEの対処法について考えてみましょう。

 

返信がない理由を考えてみる

まずはじめに考えることは

 

なぜ相手から連絡が来なくなったのか?

 

ということです。

 

相手の立場になって考えてみると良いでしょう。
 

もしかすると以前からあなたに不満を持っていたのかもしれませんし、何か突然やむを得ない理由ができたのかなど、連絡が途切れたケースはいくつかあります。

 

彼が忙しいのにどうしても会いたいなど無理を言うことが多かったり、彼の仕事や家族のことで問題が起きて恋愛が二の次になった、実は二股をかけられていた、などです。

 

いずれにしても相手はあなた以外のことに時間を使うことを選んだ、と解釈することができます。このような場合はとにかく感情的にならないことが一番です。過去記事「復縁上手は知っている?相手を振り向かせる上手なLINEの使い方」でもご紹介していますが、「すぐに会いたい!」と言ったらダメなの?と思うでしょうが、ダメなのです。メールを再開し、復縁したいと願うなら会えないことを我慢できるくらいでないと願いは叶いません。

 

メッセージ再開のタイミングは?

では、音信不通になってしまった彼への連絡はどのタイミングが良いのでしょうか?
 

先に言いましたが、感情的になって毎日メールを送るのはNGです。
復縁の可能性がゼロになってしまいます。ここでもやはり冷却期間が必要不可欠。3か月から半年ほど空白期間を設けることができれば以前の関係が二人の間でリセットされ、友達として再度連絡を取ることが可能になるかもしれません。

 

連絡再開のタイミングとしては、彼の誕生日、クリスマスやバレンタイン、お正月などのイベントがあった後です。気を付けてほしいのはイベントの前には連絡しないこと。「イベントを一緒に過ごしたいのか?」と思われることは避けたいです。あなたにその気がなくても相手にとっては少々重いメールになってしまうかもしれません。

 

特にタイミングよく相手の誕生日などが訪れる場合には、「ハッピーバースデイ」のメールやLINEは効果的です。もちろん、朝一から送るのではなく仕事終わりのタイミングで軽めな連絡といった印象を与えます。このように相手の負担にならないメールが復縁のカギとなるのです。このことを忘れないで連絡を再開するようにしてください。

 

もしそれでも返信がなかったり、既読にならないようであればパソコンやスマホなどの端末のトラブルか、既にブロックされてしまっている可能性があります。最終的には電話を掛けてみるという方法しかなくなってしまいますが、SNSが更新されていたりすると前者の可能性は低くなりますので、復縁の望みは限りなく絶たれてしまうことになります。

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける