復縁したい

元カレと復縁したいなら男の心理を上手に活用しよう!

元カレと復縁したいなら男の心理を上手に活用しよう!

復縁したい男が見せる行動心理を見抜こう

大好きだった彼氏と復縁したい、けどなかなか相手にこの想いが伝わらない・・・
復縁を願う人の多くが、こんな状況を体験したことがあるのではないでしょうか?
一生懸命、誠心誠意で復縁をアプローチしているけど相手の反応はイマイチ。そんな状況であれば、一度冷静になって相手の考えや思いを見直してみる必要があります。

 

例えば、自分にとってとても重要な待ち合わせであれば、待ち合わせ時間などを忘れることもありませんし、遅刻したりすることもないと思いますが、どうでもいい約束であれば、忘れてしまったり遅刻したりすることもあるでしょう。

 

その違いって何か分かりますか?

 

そう、物事の重要度や優先度の違いであり、

 

自分にとってどれだけ重要な存在か?

 

によって対応や扱いが異なってくるのです。

 

つまり、積極的に復縁をアプローチしているのに相手の反応がイマイチ、という状況であれば、相手にとってあなたの重要度や優先度が低いということになります。もちろん、人間の心理の部分なので、個人差こそあるかもしれませんが、このままこれまでと同じようなアプローチをしていても復縁が成就する可能性は低い・・・

 

そんな状況であれば、その重要度や優先度を上げるための心理的なアプローチを試してみてはいかがでしょうか?

 

復縁したい元カレにとって、あなたとの連絡や約束が重要なものだと感じさせることができれば、復縁の可能性はグンっと高まります。もちろん、重要度や優先度を高めるためには、元カレにとってメリットがある必要があり、

 

男の心理を上手に活用するだけでは長続きしません

 

ので、ギブ&テイクの原則を心掛けながら、上手に接することできっと元カレとの距離を縮めることができるでしょう。

 

では、さっそくその具体例を見てみましょう!

 

 

復縁したい男が見せる定番行動パターン

過去記事「復縁したい男性の行動とは?復縁チャンスを占いで見極めよう!」でもご紹介しておりますが、復縁したい男性には下記のような定番的な行動パターンが幾つか存在します。

 

・自分から積極的に連絡をしてくる
・自分を気に掛けて欲しいとアピール
・食事や飲みに積極的に誘ってくる
・やたら親切にしてきたり気遣いする

 

元カレの方も復縁したがっているのであれば、なんら問題はなく復縁もスムーズに進むかと思いますが、

 

安易に復縁ができるほど、些細なことでまた別れてしまう

 

可能性があるという点だけは留意しておく必要があります。

 

一方、元カレにこれら定番の行動が見られない場合には、すでに別の好きな人がいたり、新しい恋人がいる可能性もありますが、周りの友人・知人からの情報で新たな恋人がいないという状況が明らかであれば、復縁を望んでいないか、もしくは

 

復縁という選択肢に気づいていない

 

という可能性があります。

 

元カレの現在の状況において、例えば「仕事が忙しくて今は彼女を作っている暇がない」といった復縁を望んでいない状況であったとしても、復縁できる見込みがない訳ではありません。また、復縁という選択肢に気づいていない状況においては、

 

やっぱりそばにいて欲しい

 

と思わせるために、どのような具体的行動に出るか、どのようにアプローチするかを考えれば良いのです。特に忙しかったり、仕事でたいへんな思いをしている状況であれば、時には弱音を吐いたり、愚痴を聞いてもらいたいという心理が必ず働きますので、

 

そういう状況で側で寄り添ってあげれる存在

 

というのは非常に大きいのです。
時折見せる弱い部分を上手く活用すると、元カレが復縁を意識していなかったとしても、そばにいて欲しいと思うようになる可能性が高いと言えます。

 

▼関連記事
相手に未練がある?占いで復縁できる可能性を占おう!

 

 

男性心理をうまく活用した復縁アプローチ

これらのように、元カレの心理状況を把握して、その状況に応じた行動で気持ちを掴むことが重要ですが、

 

過度に応じすぎると都合のいい女

 

になってしまうリスクがあります。
つらいこと、悲しいことがあった時だけ甘えてくるような場合には、復縁したい気持ちが強くても、時には突き放す勇気も必要です。復縁したいと思う方が常に下手に出なければならないという訳ではなく、基本はギブ&テイクです。

 

仮に、元カレから誘いがあっても、時には「忙しい」と断ることで、より一層あなたの大切さに気付く可能性もありますし、これまで都合よく振り回してきたことを後悔し、あなたにも何らかの形でお返ししてくれるかもしれません。

 

元カレと復縁したいという気持ちが強くなりすぎると、その相手の言いなりになってしまう傾向にあり、

 

「都合のいい女」街道まっしぐら

 

に陥るリスクが高いため、仮に元カレと本当に復縁したいと思っていたとしても、心のどこかで「ダメだったら諦めよう」くらいの気持ちは持っていた方が、相手の心理を掴みやすい傾向にあります。つまり、

 

心に余裕を持っていた方が冷静な判断ができる

 

ということです。

 

適度に寄り添い、適度に突き放すことで、元カレにとってあなたの存在がとても大きなものになることができれば、どのタイミングでアプローチしても復縁は成功する可能性は高いでしょう。

 

▼関連記事
【今すぐ使える恋愛心理学】上手に使って復縁を成就させよう!

 

▼復縁したい記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける