復縁メール

復縁上手は知っている?相手を振り向かせる上手なLINEの使い方

line

LINEを送って復縁失敗している人の共通点

LINEは便利なツールですが、使い方によっては失敗してしまう可能性がありますので注意が必要です。元カレにLINEを送り復縁失敗している人には共通点があります。別れてすぐには相手にとっても貴方の存在を改めて大切な存在と意識してもらう為に冷却する期間が必要です。その期間をおかずに、復縁をせまるようなLINEをする事は相手の心を離れさせる原因になります。また、LINEには便利な機能があり、相手が内容を読むと既読になりますが、既読にならない為に不安感から相手に返事をせまるような内容のLINEも逆効果です。お別れした後にすぐにでも復縁したい気持ちが湧き出るのは当たり前ですが、その焦りが相手にとっては負担に感じさせてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

復縁に繋げるには、軽い内容の質問を送ったりすると良い

LINEを復縁に繋げるには冷却期間の後、軽い内容の質問を送ったりすると良いです。冷却期間を置かずに別れた相手から別れた直後に頻繁に連絡が来る事は、相手の気持ちを離れさせてしまう可能性が高まります。相手に警戒心を抱かせない為にも、まずは冷却期間を置き、どうしても送りたい場合は多くても週に1度に控えることが賢明です。例えば、相手の好きな事や趣味を思い出し、相手が気軽に返信しやすい内容がお勧めです。いきなり恋人を意識するのでは無く、まずは友達からを意識しLINEをする事で相手の警戒心を抱かせること無く、距離を縮める事ができます。LINEで会話ができるようになったら次は食事に誘ってみるなど段階を踏む事が大切です。

 

自分の気持ちばかり送りつけてもブロックされるだけ

LINEは復縁をするにあたり大変効果的です。メールのように長文で送る必要も無く、スタンプなどで相手と気さくにコミュニケーションを取る事ができ、タイムラインで相手の近況を確認する事も可能です。しかし、しつこく復縁を迫ったり、「なんで連絡くれないの?」「復縁できないの?」などと自分の気持ちばかり送りつけたりしてもブロックされるだけで復縁に効果はありませんので注意が必要です。別れを選択している間柄と言う事を意識し、自分の悪い所を反省し、まずは友達関係に戻れるように初心にかえり相手とコンタクトを取る事が復縁への近道です。LINEで連絡をしながら自分磨きも同時にすると次回会えた時に相手から貴方への印象がアップしますのでお勧めです。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける