復縁メール・LINE

復縁したいなら深夜はNG?!成功するLINE・メール送信時間

復縁したいなら深夜はNG?!成功するLINE・メール送信時間

復縁メッセージには魔の時間帯がある?!

復縁を願うならば、相手と繋がる手段であるLINEやメールはとても重要。
ですので、送信するには細心の注意を払わなければなりませんが、復縁したい相手にうっかり勢いでメッセージを送ってしまう

 

魔の時間帯

 

と呼ばれる時間帯があることをご存知ですか?

 

昼間は仕事でそれどころではないですし、夜も友人と会えば気がまぎれてあまり考えませんが、家に帰ってきて一人になると色々なことを考え始めます。
遅い時間になればなるほど、もっとも復縁したくなる時間帯となるなのです。

 

そして、心細さや淋しさから

 

「どうして別れてしまったんだろう」
「やりなおしたい。もう一度チャンスがほしい」
「本当は別れたくなかった」

 

そんな思いが渦巻き始め、ついついスマートフォンに手が伸びる。付き合っていた頃のメッセージなどを見てさらに別れてしまったことへの後悔、相手への未練が押し寄せ、その気持ちのまま相手への思いを綴ったメッセージを送信してしまう……。

 

1日を終えて疲れきっていると思考力も低下し、理性も弱まり、正しい判断が下せません。
なので、深夜に綴った文章は、思い込みの強い独りよがりの内容であったり、普段なら考えもしないようなネガティブな内容になりがちなんです。

 

相手の状況も考えずに思いをぶつけても、相手にしてもらえなかったり、冷たい態度を取られてしまうことが多いんですね。
この復縁成功率の低い魔の時間帯が、深夜なんです。

 

つまり、復縁したいなら、

 

深夜のLINE、深夜のメールはNG!

 

では、復縁に成功するLINEやメールの送信時間はあるのでしょうか?
次項から詳しく解説していきます。

 

復縁に成功しやすい送信時間とは?

復縁を望むなら、まず復縁したい元恋人へのLINEやメールの内容がとても重要となります。
自分自身の気持ちがネガティブなときに書いたものは、もってのほか。
復縁のためのメールを書くなら、リラックスしている時間帯がおすすめ。

 

時間帯は午前中から夕方にかけて、晴れた日の居心地のお気に入りのいいカフェ、気持ちのいい公園など、自分自身がのびのび出来るところで書きましょう。

 

また、書いた勢いで送ってしまわないように一度そのメッセージは保存して、翌朝に送信しても問題ない内容かをチェックしましょう。
もう一度読み直すことで自分自身の気持ちが客観的に見え、恋人への愛情を再確認できたら送信します。

 

送信する時間帯は、

 

お昼休み
仕事終わり
夕食後

 

など、一息ついている時間帯がおすすめです。

 

復縁メールが成功しやすい時間、まとめ

別れた相手と復縁したいなら、LINEやメールをする時間帯を気にしましょう。
深夜は感情的になっている場合がありますので

 

復縁メッセージの内容を考える時間帯:昼間
復縁メッセージの内容を推敲する時間帯:翌朝
復縁メッセージを送信する時間帯:翌日の昼、夜、23時くらいまで

 

に行いましょう。

 

相手の職業が昼夜逆転しているなどのイレギュラーな場合は、メッセージを送信する時間帯を相手の都合に合わせましょう。相手が一番くつろげる時間を考えれば分かりやすいですね。

 

ただし送信する時間帯が異なるとはいえ、内容を考える時間帯と推敲する時間帯は決して変えてはいけません。
メッセージを考える時間帯は昼間、推敲する時間帯は翌朝、のルールは守りましょう。

 

また、復縁したいメッセージを送っても相手から返事が来ないからといえ、何回も送るのは控えましょう。
相手がどう思うか考えて、相手の立場に立った行動が復縁への大事な一歩となります。

 

LINEやメールの送信時間を気にかけることで、別れた相手と再び歩むことができる可能性が広がります。

 
 

≪その他のオススメ復縁コラム≫
喧嘩別れは復縁しやすい?素直に謝るメール・LINEテクニック
既読スルー、メール無視?!元カレから返信がこない理由とは

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

 

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける