書き方テクニック

LINEでは誠意が伝わらない?誠意ある謝罪LINEの送信テクニック

別れてすぐに送るのはNG!謝罪に適切な時期を見極めて

恋人との別れはとても辛いものですよね。しかもそれが、自分の言動が原因だった場合、別れた後もモヤモヤした気持ちが晴れず、ずっと後悔し続ける人も多いのではないでしょうか?

 

その人との復縁を望むなら、誠意を持って謝罪をすることが大事な第一歩です。
当たり前のように一番近くにいた恋人が、ある日を境に他人になる。そんな悲しい別れを経験した後は、すぐにLINEで感情的なメッセージを送ってしまいがち。

 

でも、相手の立場になって冷静に考えてみてください。あなたの言動が原因で別れたのに、すぐに謝罪&復縁を求めるLINEが来たらどう思いますか?

 

「全然反省してないじゃん。」
「何が悪かったのか本当にわかってる?」

 

など、マイナスな印象を受けるはずです。
復縁するために今すぐ謝りたい気持ちはわかりますが、冷静な感情を取り戻す必要があります。

 

別れた直後の1週間は行動を起こさず、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

 

なお、連絡手段のツールであるLINEは、別れた相手に連絡を取るためには最適なツールですが、使い方次第では復縁を諦めざる負えない状況を作ってしまうこともあります。

 

気軽にメッセージを送信できる分、気軽さゆえに本気さが感じられない

 

と思う方もいますので、LINEで復縁しようとするのではなく、LINEを活用して謝罪の気持ちを伝えるようにします。誠意ある謝罪文を送ることができれば、あなたの気持ちも伝わることでしょう。
今回はそんな復縁を意識した誠意ある謝罪文を送るLINE送信テクニックをお伝えします。

 

どんな内容がいいのか、どんなタイミングで送信すべきなのか、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼関連記事

成功の秘訣は素直さと誠実さ!LINEで切り出す復縁アプローチ

 

相手の気持ちになって考えよう。誠意ある謝罪文ってどういうもの?

 

謝罪において大事なのは、自分の感情ではなく受け取る側の感情です。冒頭でも説明した通り、メッセージは感情に任せて作ってはいけません。

 

特に女性に多いのですが、感情的になってついつい自分の言いたいことだけを一方的に伝えて満足してはいませんか?
また、相手への溢れる想いを綴った、ポエムのようなメッセージもNGです。

 

ここでは、どういった文面が心に響くのか、そして復縁へと近づきやすくなるメッセージについて考えていきましょう。
自分に原因がある別れ方をした場合、以下のような謝り方を基本として覚えておきましょう。

 

1.お詫びの言葉を述べる
最初に一番伝えなければならない「ごめんなさい」の気持ちを伝えましょう。

 

2.自分に責任(非)があることを認める
自分のどんな言動がいけなかったのかを、冷静に客観的に伝えます。

 

3. 今後、どのように改善するかについて話す
改善の方法をできるだけ具体的に伝えましょう。

 

4. 相手の感情を思いやる言葉
自分がいかに相手を傷つけてしまったかを反省し、相手の気持ちに寄り添うような言葉を添えましょう。

 

5. 感謝の気持ち

「あなたと出会えて良かった。ありがとう」と言われると、心は和らぐものです。

 

6. 最期にもう一度お詫びの言葉を述べる
さらに丁寧に謝罪をすることで、本気だということが伝わる。

 

そして大事なのが、恋人同士だった時のような気軽な文体ではなく、一人の大人としてのメッセージにしなければいけません。
恋人ではないことを頭に入れて、冷静な判断ができるということをわかってもらいましょう。より謝罪が真剣であることが伝わります。

 

▼関連記事

元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?

 

謝罪と復縁は別物!まずは良好な関係になろう

「別れてもまだ好き!自分が悪かったことを謝罪して復縁したい!」という感情は、とても自然なもの。ですが、気をつけておかなければならないのは、

 

謝罪と復縁は別物

 

だということ。

 

「ごめんなさい。私が悪かったです。直すから復縁して。」

 

なんて、虫の良い話だと思いませんか?
謝罪のメッセージのはずなのに、「復縁したい」という自分の要望を相手にぶつけています。

 

また、ただでさえ元恋人から送られたLINEには警戒するものであり、それが復縁を求める内容だと、

 

「復縁したいようだけど、これに返信をしたら期待を持たせることになるのかな。」

 

と返信にためらってしまうかもしれません。

 

なお、上記でお伝えした基本的な謝り方をLINEで全て行うと、長文のメッセージになってしまい、重たいイメージを与えてしまうこともあるので、まずは謝罪だけの内容にとどめておくのがポイント。

 

「この間はごめんね。あなたと過ごした時間は宝物です。今までありがとう。」

 

といった謝罪と感謝の言葉だけにすると、相手の気持ちを害することは少ないでしょう。

 

なお、送信するタイミングは、

 

別れから1週間~2週間程度でメッセージを送るのがベスト。

 

というもの、別れた直後の1週間は時間の経過とともに最も寂しさを感じる時期で、2週間を超えてしまうと別れの傷が癒え始めてしまいます。

 

ですので、そのタイミングで謝罪と感謝のメッセージを送信するのがとても効果的なのです。
上記のことを心に留め、適切な時期に謝罪LINEを送ってみてください。内容はもちろんですが、いつ送るかが、復縁への大きな要素となることをお忘れなく。

 

いかがでしたか。
まずはLINEでしっかりと謝罪の気持ちを伝えてみましょう。LINEで復縁しようとするのではなく、復縁に関しては次のステップとして考えてくださいね。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫

復縁したい元カレや元カノへ会いたい気持ちを伝えるLINEテクニック
復縁成功の鍵は「感謝」の気持ち!謝意を伝えるメール術

▼復縁メール・LINE記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける