アプローチ・切り出し方

成功の秘訣は素直さと誠実さ!LINEで切り出す復縁アプローチ

LINEやDMでも復縁したい切実な想いは伝わる?

不本意にも大好きだった彼氏や彼女と別れてしまった場合・・・
未練が残っている側としては、元カレや元カノを友達から削除することができず、チャンスさえあればメッセージを送って復縁したいと思うことは、誰でも同じだと思います。
特にケンカなどの一時的な感情で疎遠になってしまったりすると

 

いざ気持ちが落ち着くと寂しくなる・・・

 

というのが一般的で、どうして別れてしまったんだろうと後悔しても、なかなか復縁を切り出せないというのが本音かもしれません。
LINEやSNSなどの便利なツールがあっても、

 

メッセージを送るのにとても勇気がいる

 

画面をみつめながら、メッセージを送ろうか、やめとこうか、何度も迷ったり二の足を踏んだりと、そういう経験がある方も決して少なくないと思います。
それは、LINEなどのメッセージアプリは、簡単に送信できる反面

 

あっさりと結果が分かってしまう

 

というデメリットがあるからです。
勇気を振り絞って復縁したいことを送信したのに、元カレや元カノの返事は「NO!」だったとすれば、二度と連絡が取れなくなってしまいますし、そうしたネガティブな展開を想像すればするほど、送信するのが怖くなってしまうのは致し方ないことです。
考え方によっては、

 

遅かれ早かれ、復縁できるかできないかは決まっている

 

と考えることもできますので、復縁できないものをいつまでも尾を引いていても仕方ないかもしれませんが、メッセージの送るタイミングや送り方次第では、復縁成就へと導いてくれる可能性もないことはないため、結果を焦るのではなく、

 

しっかりと気持ちが伝わるメッセージを送る

 

ということを心がけて、タイミングにせよ想いにせよ、慎重にことを運ぶ必要があるのです。

 

今回は、そんな誠実さが伝わるLINEメッセージの送り方、そして復縁の想いの切り出し方についてご紹介していきます。
LINEなどのメッセージアプリは、簡単に送信できる一方で、読まれなかったり、軽く捉えられてしまったりと、

 

本心や真意を伝えるのが難しいツール

 

でもありますので、いかに元カレや元カノに素直さや誠実さを伝えるかがポイントであることは言うまでもありません。
復縁という比較的ハードルの高いアプローチでも、活用次第ではグッとその機運を高めることができるので、今回はそんなLINEを使った復縁の切り出し方についてご紹介していきます。

 

▼関連記事
復縁の始まりはLINE?きっかけを作って相手を振り向かせよう!

 

誠実さを伝える必要があるも連投・長文はNG

 

冒頭でもご紹介したように、LINE等のメッセージアプリは

 

1、簡単に相手とつながることができる
2、反対に簡単に相手を切ることができる
3、長文メッセージの送信には不向き
4、敢えて既読せずに冒頭だけ読むことができる

 

などなど、メッセージアプリならではの特徴があるのはご承知のとおりです。

 

何らかの原因で別れ、復縁したいと思っていたとしても、既に元カレや元カノに別の異性の存在がある場合には、あっさりとブロックされたり、既読にならない可能性が高いので、LINEで復縁を切り出す際には

 

別れてしまった原因も非常に重要な要素

 

だということを覚えておくようにしましょう。
また上記4番のように、LINEはトークルームリストの長押しで直前のメッセージを既読をつけずに読むことができます。
つまり、元カレや元カノからすると

 

既読すると厄介だな・・・

 

と思っている可能性があり、こうした状況では復縁の可能性は限りなく低いのは明白です。
これらを逆手に取って

 

1、冒頭から本題(復縁を切り出す)に触れない
2、トークルームリストの長押しの範囲で見れる部分がポイント
3、かと言って、釣り的な切り出し方は逆効果

 

ということを心掛ける必要があります。つまり、

 

続きが読みたくなる・続きが気になる内容

 

を送信する必要があるのです。
もちろん、そんなことは分かっているかもしれませんが、意外とこの辺が大雑把になりすぎてしまい、

 

既読しなくても言おうとしていることが予想できる

 

と思われてしまえば、復縁はもちろん、既読すらしてもらえない可能性もあるのです。
この切り出し方や送信の仕方については、人それぞれ捉え方も感じ方も異なりますので、「短文を何度かに切り分けて送信するより一度で送ってくれ」というタイプの方もいるかもしれませんし、「長文は重く感じる」という人も少なくありません。

 

その辺の性格的な部分は、ある程度付き合っていた頃から掴んでいると思いますが、LINEにおいては冒頭から本題に入ったり、謝罪から入ったり、忘れられない想いなどを切り出しても、

 

逆効果になることも珍しくない

 

という点を覚えておくようにしましょう。

 

▼関連記事
長文LINEはNG?重いと感じさせない復縁テクニック

 

既読にならずブロックされているようなら諦めも肝心

LINEにせよ、電話にせよ、相手に「復縁したい」という気持ちを伝えることがミッションとなりますので、あとは相手の判断や考えを尊重しつつ、OKなのか?NGなのか?最終的なジャッジが下されるまで、大人しく待つのが無難ではあります。
しかし、復縁に失敗する人の多くは、

 

気持ちを伝えるミッションすら完了できない

 

というのが実情で、相手のことを考えずに一方的にLINEで復縁したい旨を伝えても、相手にはまったく響かないどころか、ブロックするきっかけすら作ってしまう可能性もあるのです。
簡単な例で例えると、

 

ホームページに設置されている問い合わせフォームなどに、一方的に営業メールを送ってくる

 

のと同じような行動であり、LINEでの一方的な復縁アプローチは、内容を読んでもらえる可能性は限りなく低く、あなたの本心も真意も切実なる想いも一切伝わらないという結果を招きかねません。
幾ら誠意が伝わりそうな文章を考え、そして書いたとしても、

 

読んでもらう段階までたどり着けない

 

というリスクがあることを覚えておく必要があります。
簡単に送れるLINEだからと言って、復縁したい気持ちを気軽に送ってしまうのは当然NGで、

 

メッセージの中にも必ず素直さや誠実さが現れます

 

ので、しっかりと時間を掛け、どのような内容を送るかを精査することが一番重要ではありますが、切り出し方を間違えると、やはり読んでもらえないというリスクがあることは念頭に置いておく必要があります。
自身で時間を掛けて考えた文章であれば、

 

何で読んでくれないの?読んでさえくれれば・・・

 

という気持ちが強くなってしまう傾向にありますが、既読にならないようであれば、既に別の異性の存在があったり、あなたとの復縁は考えていなかったり、それ以上にあなたを拒絶している可能性もありますので、

 

1週間以上既読にならないようなら諦めも肝心

 

ということもしっかりと理解したうえで、LINEによる復縁アプローチを進めていく必要があります。
繰り返しとなりますが、LINEなどのメッセージアプリは手軽で簡単な反面、誠意や真意が伝わりにくく、元カレや元カノに対する強い想いも相手には届きにくい傾向にあります。

 

まずは、気持ちを伝えるミッションまでたどり着くためには、どのようなアプローチが良いのかを考え、相手の気持ちになってメッセージの送り方はもちろん、メッセージの冒頭から本題までの内容をしっかりと組み立てて、送信することを心掛けるようにしましょう。

 

▼関連記事
別れた恋人に謝りたい。復縁に結びつくメール・LINEでの謝り方

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫

正月をきっかけに!復縁に効果的なあけおめメール・LINEとは
元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける