LINEでのやり取り

LINEとインスタDMの使い分け!復縁を叶えるならどっちで送るのが吉?

業務連絡を兼ねるLINEよりプライベート満載のインスタへ?

今やLINEを筆頭に、インスタやツイッターなど様々なSNSツールがあり、メッセージのやり取りも多様化しているのが実情。
ひとつのアプリでも、その機能を覚えるのがたいへんなのに、複数のアプリを器用に使い分けることができないと、それだけで

 

メッセージのやり取りチャンスを失いかねない

 

ということも言えますので、復縁を目指す方も、そうでない方も、最低限主要なアプリは日常的に使っておいた方が無難ではあります。

そこで今回ピックアップするのが、

 

インスタグラムの機能の一つである「ダイレクトメッセージ」

 

通称「DM」と呼ばれるまさにLINEと同じようなメッセージツールではあります。

個別にメッセージをやり取りできるのはもちろんのこと、写真を送ったり、グループを作成したりと、基本的にはLINEと同様な機能が盛り込まれています。

 

じゃ、LINEで良くない?

 

と思われる方も多く、機能面ではそれほど大差はないかもしれませんが、LINEはメッセージツールに特化しているのに対して、インスタグラムはご存じのとおり写真や動画の共有アプリとしての機能がメインですので、そのアカウントを教えるとなると

 

それなりに親密度が高い関係

 

であることが必須となるのです。

 

ここ数年は、仕事上でも「LINE教えて~」と業務連絡ツールとして個人用・仕事用の区分けをせず、会社の人などを友達追加してしまっている人も多いかもしれませんが、インスタグラムとなると話は別。

 

プライベートの写真などを多数アップしている兼ね合いもあり

 

容易にインスタを交換することはない

 

という傾向にあります。

 

つまり、インスタDMでやり取りできる関係を築けるのであれば、それなりの親密度であることの証。
もちろん、LINEやインスタの使い訳については、人それぞれ考え方が違う部分もありますが、少なくとも

 

仕事などの業務連絡と同列には扱われていない

 

ということでもありますので、復縁に対するモチベーションも上がるのではないでしょうか?
今回は、そんなインスタグラムのDM機能における、復縁アプローチの活用法について見ていきましょう。

 

▼関連記事
実は復縁に効果的?!インスタを使ったSNSアプローチ

 

プライベートに踏み込まれるのが嫌なタイプも多い

プライベートに踏み込まれるのが嫌なタイプも多い

 

上記でご紹介したように、インスタグラムにおいては写真や動画の共有アプリであり、DMの送信機能はおまけのようなものなので、LINEほど機能が充実している訳ではありません。
一方、LINEのような未読無視といった面倒な機能もないので、

 

インスタDMの方が気楽・嫌になったらフォロー外す

 

といった機能があることが背景にあるようです。

 

これまでの記事でもご紹介してきたように、LINEにせよインスタDMにせよ、元カレや元カノへの復縁アプローチの一環として、これらにメッセージを送ることは可能ですが、

 

・LINEなら既読無視やブロックされるリスク
・インスタDMも制限やブロック、ミュートされるリスク
(制限は相手への通知なし、ブロックは相手への通知あり)

 

があるということは念頭においておくべきでしょう。

 

いずれにせよ、過去記事「▼これは脈なしパターン?メールやLINEの文脈から見る復縁成就の確度」でも触れましたように、相手の温度感や熱量を理解せず、やみくもにメッセージを送信するような行動は、

 

復縁において絶対的にNG行動となります

 

せっかくインスタアカウントを交換できている状態であれば、それを維持することが大前提。
仮に、付き合っていた当初にフォローしあっていた場合でも、別れたあとにブロックされたり、制限されてたというようなケースも多いので、その場合は既に新しい恋人がいたり、それらの写真をインスタにアップしている可能性があります。

 

インスタにおいては、上記のとおり写真や動画をアップしていますので、あまりプライベート的な部分まで踏み込んで欲しくないような性格であれば、

 

関係が良好であってもインスタを交換するのは稀

 

インスタアカウントをフォローし合っている関係であれば、仮に別れた直後であっても一点の安心感は得ている状態ですので、差し障りのない内容のメッセージを送ってみて、まず最初に相手の温度感を探ってみても良いかもしれません。

 

▼関連記事
復縁にSNSは諸刃の剣!?元カレとヨリを戻すSNS活用方法

 

LINEからインスタDMに移行できれば復縁成就の可能性大?

では、実際にLINEでメッセージをやり取りするのと、インスタDMでやり取りするのとではどっちの方が復縁の確度が高いのでしょうか?

 

もちろん、何か統計的なものがあるわけではありませんので、人それぞれ判断が異なりますし、様々な意見や見解がある部分でもありますが、元カレや元カノが日常的に様々な人とLINEを交換しているようであれば、

 

LINEの重要度が薄れている可能性

 

もありますので、インスタDMの方が効果的かもしれません。
一方で、インスタDMでメッセージを送る際の注意点としては、返信があるまで気長に待つしかないのも事実。
そんな返信待ち状態であっても、元カレや元カノは普通にインスタを更新してたりしますが、くれぐれも

 

インスタ更新してるのになんでDM返さないんだよ!

 

といったような”こじれた感情”を持たないことが大切です。
 
LINEにせよ、インスタDMにせよ、元カレや元カノに不快と思われた時点で、復縁できる可能性は限りなく低くなります。
仮に、既読にならない、既読になっても返信が来ない、といった場合でも、さらにメッセージを送って返信をさせようとするのではなく

 

あくまで相手のページに任せる

 

というのが基本スタンスでありセオリーでもあります。

 

現時点でインスタDMでやり取りできているからといって、必ずしもあなたに対する優先度が高い訳でもなく、復縁に対して前向きに考えている訳でもありません。
ただ、友達としてのプライベートな存在という位置づけであることは間違いありません。そういう意味では、

 

DMでのやり取りを続けて存在感を高めていく

 

ということを目標として、元カレや元カノにおけるあなたに対する優先度を高めることに集中するべき段階ではないでしょうか?
その点では、LINEよりインスタDMの方が自身のインスタも見せるきっかけになりやすく、再び興味を持ってもらいやすいツールかもしれません。

 

▼関連記事
「うざい」と感じさせない復縁メール・LINEのテクニック

 

≪復縁メールに関するオススメ記事タグ≫

LINEに関する記事一覧
SNSに関する記事一覧

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける