LINEでのやり取り

思いが伝わるLINE術!読み手の心に刺さる復縁例文のご紹介

元カレ元カノからのLINEはどう思う?

元カレ元カノからのLINEはどう思う?

久しぶり!
来週の金曜に仕事で近くまで行くんだけど、夜あいてる?
久しぶりにごはんいかない?

 

というように、元カレや元カノから突然このようなLINEが届いたら、あなたはどう思いますか?

 

復縁したいと思っている相手からの久しぶりのLINEはとても嬉しいものですが、別れて間もない時だったり、相手に対して嫌悪感が残っている場合などでは、これまで何事もなかったかのようなLINEだと

 

何だこの人?!

 

と思ってしまう人も少なくありません。
そう思われてしまうと復縁の可能性が低くなってしまいますので、LINEを送る時には相手の心境を考えることが必要です。

 

また、LINEを送りたいと思うと勢い余って想いをつづってしまう人もいますが、こちらも同様に不快感を与えてしまう場合もあります。

 

このように復縁したい相手への久しぶりのLINEは決して気楽に送って良いものではなく、もらって嬉しいと思える内容にしなければなりません。

 

そこで今回は、もらって嬉しい読み手の心に刺さる復縁LINE例文をご紹介します。
LINEをきっかけとして復縁したい人や復縁できるLINEの例文を知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

 

▼関連記事
別れた直後にLINEは読んでもらえる?男女で違う恋愛心理

 

もらって嬉しい、心に刺さるLINE復縁例文

もらって嬉しい、心に刺さるLINE復縁例文

 

では実際に、心に刺さるLINEとはどのようなものでしょうか。

 

久しぶりにLINEを送る時には、「久しぶり~、元気しているかな?」といった定番の挨拶メッセージが必要なのは言うまでもなく

 

「お元気ですか。私は元気です。あなたも元気でいますように…」

 

など、祈りや願いがこもったような一文に心を打たれる人もいるようです。

 

ただし、このような一人で完結している文章は、なんて返事をすればよいのか分からないこともあるので返信がこないこともあります。
返信がこない場合は、期間を空けて再度メッセージを送信してみると返信をもらえる可能性が高いため、計画性をもって送信すると良いでしょう。

 

また、回りくどい表現が苦手な人や正直に気持ちを伝えたい人の場合には、

 

「久しぶりに話したくなっちゃった…」

 

とシンプルなメッセージが効果的な場合もあります。
突如「あなたとやり直したい」と伝えてしまうと、相手は完全に引いてしまいますが、話したいなら恋人としてではなく、友だちとしての関係を築きたいのかな?と受け入れてくれる可能性があるでしょう。

 

さらに、地震や豪雨などの災害時に

 

「大丈夫ですか?ニュースを見て、あなたのことが気になりました」

 

というようなLINEが届くと、どんなにひどい別れ方をしたとしても、いまだに自分のことを心配してくれたんだと思うもの。
たとえ返信がなくとも、ひとまず相手の反応を待つようにしましょう。

 

なお、下記のようなストレートなメッセージも相手の心に刺さること間違いなし!

 

・どんなに頑張っても、あなたのことを忘れられなかったの
・やっぱりあなたのことが好き
・あなたとやり直したくて、変わったんだ私…
・別れたこと、ずっと後悔してるの…
・今の私があるのはあなたのおかげ

 

ただし、先ほどもお伝えしたように突然このようなLINEが届いたら、相手は驚いてしまいますので、LINEでのコミュニケーションをとれるようになってから送ると良いでしょう。
どんなに良いとされる一文でも、タイミングが間違ってしまえば、相手の心に伝わるものも変わってしまいます。

 

▼関連記事
抜群の成功率!復縁したい相手の心に刺さる名言集

 

LINEでのコミュニケーションを取るちょっとしたコツ

LINEをきっかけとして復縁したいと思うならば、ある程度のコミュニケーション能力が必要となります。
文字のやり取りだけでは相手の口調や様子は分かりません。そのため、相手の気持ちも正しく把握できない場合もありますし、あなたの気持ちもしっかりと伝わらない可能性があります。

 

上で紹介した「今の私があるのはあなたのおかげ」という一文であれば、

 

送信する側は「もう一度やり直したい」という気持ちを伝えているつもり
受信した側は「感謝の意」として捉えてしまう

 

というように、復縁したい気持ちがあることが伝わらないこともあるのです。
正しく伝えるためには

 

「+@」のメッセージが重要

 

となりますので、どうしたら相手にきちんと伝わるのかよく考えてみてくださいね。

 

「今の私があるのはあなたのおかげ。またやり直せないかな?」

 

というように+@のメッセージがあることで、何が言いたいのかはっきりと分かります。

 

また、「今の私があるのはあなたのおかげ」と伝えたいなら、LINEのでやり取りができるようになってからすぐに送信するのではなく、ある程度普通にやり取りできるようになってから送信することも大切です。

 

なお、日頃から友達などとのやり取りでも、ちょっとしたニュアンスがうまくくみ取れていない人などは、LINEを送信する前に内容をしっかりと確認してから送るようにしましょう。

 

どうすれば自分の思いが正しく伝わるのか良く分からないのならば、友達に相談してみるのも手ですよ。
自分の思いを正しく伝えるためのコミュニケーション術を身につけて、ぜひ復縁の可能性を高めましょう。

 

≪その他のオススメ復縁コラム≫
復縁メール・LINEの書き方テクニック記事一覧
復縁メール・LINEの送信時間・タイミング記事一覧

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける