書き方テクニック

喧嘩別れは復縁しやすい?素直に謝るメール・LINEテクニック

素直に謝るメール・LINEテクニック

恋人との喧嘩別れは後悔する人が多い

喧嘩別れをした場合、相手も自分も辛い思いをしています。ですので「復縁は難しいだろう」とお考えの方が非常に多いのですが、喧嘩別れの場合は復縁しやすい傾向にあります。

 

過去に家族や友人との近い関係で、感情のままの言動で売り言葉に買い言葉、相手に酷い言葉を浴びせてしまい、後悔したり反省したりすることがありませんか?
恋人関係でも同じことが言え、喧嘩の延長線上の一時の感情で「もういい、別れる!」と怒りを爆発させて別れた場合、後悔しているということが少なくないんです。

 

感情的に別れた場合、

謝る一歩を踏み出せず、なんとなく月日が経ち疎遠になってしまい、遂にはお互いに別のパートナーと出会う。そして数年後、偶然再開した機会に「あの時、本当は謝りたかった」「別れたくなかった」とお互いの本当の気持ちを知る、というなんとも切ないエンディングを迎えることもあります。

 

喧嘩別れして日が浅い場合「喧嘩別れしてしまったけど、本当は復縁したい」と、思っているならまだ間に合うかもしれません。
焦らず、騒がず、復縁のために、まずは相手へ自分の素直な気持ちを伝えましょう。

 

ケース別、謝罪メール・LINEテクニック

カップルの喧嘩はよくあることですが、別れるまで至ってしまった「別れよう」の言葉はどちらから言い出したでしょうか。

 

■あなたが別れを言い出した場合

 

「もう別れる!」とあなたが口にし、「じゃあもういいよ!」と相手が言った場合、相手は相当なショックを受けていると考えてください。

 

逆の立場に立てばわかりますよね。あなたが相手から「もう無理だ、別れる!」と言われたら、どれだけ絶望的な気分になるでしょうか?
なので、相手に「別れる」と言ってしまった場合、まずは素直に謝り、相手の心の傷を癒さなければなりません。

 

ここで間違えがちなのが、「別れる」と言ってしまったことの言い訳です。
「こういう理由だから別れると言ってしまった」などという自己弁護は厳禁。また「別れると言いだしても仕方なかった」というあなたの思いを伝えてしまうと、相手はまた「その状況になったのはそっちがああいう態度だったから」となってしまい、喧嘩を蒸し返すことになります。

 

素直に気持ちを伝えることは大切ですが、あなたが素直になるべきことは「相手とやり直したい」という気持ちについて。

 

「別れるなんて、酷いこと言ったよね。本当にごめんなさい」

 

と謝罪を伝えましょう。

 

■相手が別れを言い出した場合

 

この場合、あなたはとても傷ついていると思いますが、復縁したいと思っているなら相手に「別れよう」と言わせてしまったことを謝ります。
発端となったことがあるなら、それに関しても謝りましょう。

 

「そんな気持ちにさせてしまってごめんなさい。恋人失格だよね」

 

謝罪の言葉は潔く、簡潔にするのがポイント。その後で相手の反応を見ます。
相手が後悔している場合「自分も悪かった」「本当に傷ついた」「もう、あのような事はしないでほしい」などの様々な反応が返ってくるはずです。
それに対して

 

「今回のことは本当に反省しているから、もう一度やり直したい」

 

としっかり伝えましょう。

 

なお、どちらのケースも送信して反応がない場合や、相手が「あなたとは無理だと思っている」と言ってきた場合は、傷が深すぎるか、復縁の意志が今はないということです。
そこで何度も連絡してしまうと逆効果になりますので、今の時点では深追いせず、三ヶ月、半年などある程度の期間を置いてから謝罪のメッセージを送りましょう。

 

「きちんと謝らせてほしい」

 

と伝えることで、あなたの印象が変わってくることがあります。

 

人の気持ちを変えることはとても難しいものです。ですが、再びやり直したいと思うのならば、お詫びの気持ちを込めた謝罪と、相手を想う気持ちを伝えることが重要となります。
二人の出逢いは何かのご縁でもありますので、そのご縁を活かして二人の未来につなげましょう。

 
 

≪その他のオススメ復縁コラム≫
メールを返してもらえるかが復縁成功と失敗の別れ道になる
駆け引きが分かれ道!復縁できるメール・LINE術とは?

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

 

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける