復縁メール・LINE

離ればなれで自然消滅した関係も復縁可?遠距離修復LINEテクニック

離ればなれで自然消滅した関係も復縁可?遠距離修復LINEテクニック

距離的なハードルは思っている以上に高い?!

毎年3月から4月に掛けては何かと環境の変化が多く、恋愛においても新たな付き合いもあれば、別れも生じやすい季節ではあります。

 

就職や進学によってその土地から離れる

 

これまで普段どおり会えていたものが、これからは数ヶ月に1回程度し会えなくなってしまうとなると、当然会えなくなることに対する寂しさのほか、密に連絡が取れたとしても異性の存在を疑いやすくなってしまうのが心情というもの。

 

こうした”わだかまり”が次第に大きくなって、遠距離恋愛というのはなかなか上手く続かないのも実情です。なかなか会えない相手より、気軽に会える相手の方が都合が良いと思うのは当然のことで、離れ離れになって最初のうちは密に連絡は取っていたものの、

 

徐々にその頻度は少なくなって自然消滅してしまうパターン

 

遠距離恋愛の典型的な別れのケースといっても過言ではありません。

 

そんな典型的な別れのパターンを回避するためには、当然日ごろからLINE等で連絡を取り合う必要がありますが、時間と共に恋愛感情が薄れてきてしまうと、仮にあなたからLINEを送っても、そっけない返事しか返ってこなくなったり、頻度が高いとウザがられてしまうのも実情。

 

転勤や移動など、長期的に離れ離れになってしまうことが明らかな場合は、彼や彼女の元に一緒に行かない限り、

 

自然消滅してしまう可能性が高いのです

 

今回の記事では、そんな離れ離れになった結果、自然消滅してしまったカップルにおける遠距離恋愛復縁LINEテクニックをご紹介。遠距離恋愛を続けることができず、典型的な別れを迎えてしまった悲運なカップル必見の復縁アプローチとLINEの活用方法を見ていきましょう。

 

 

遠距離恋愛でダメになる典型パターンから原因を探る

まず初めに、遠距離恋愛がダメになる典型的なパターンを考えてみましょう。

 

・寂しさに耐えられず、別の人に心を許してしまう
・会うにしても時間や交通費などの負担が大きすぎる
・環境変化による心境の変化(仕事が忙しい・知らない土地に馴れないなど)
・しばらく会わないうちに気持ちが冷めてしまう
・心配性で相手の行動を常に把握したくなることに疲れてしまう

 

などが挙げられます。

 

寂しさといった感情は、常に側で接している人の方が圧倒的に有利で、特に辛い時やたいへんな時に感情移入しやすいことから、身近な異性の存在を徐々に好きになってしまうパターンが一番多いかもしれません。

 

時間や交通費などの物理的なハードルはもちろんですが、やはりしばらく会わないうちに徐々に気持ちが冷めてしまうというのを避けるためにも、最低でも月に1回は会いたいもの。環境変化による余裕のなさは、時間の経過が解決してくれるので、こまめに連絡を取ったり、会いに行ったりしてサポートしてあげることで回避できるでしょう。

 

もちろん、会うにせよ会わないにせよ、ある程度の頻度でLINE等のやりとりは必要ですが、一番自然消滅しやすいカップルの特徴として

 

互いにめんどくさがりで連絡頻度が低い

 

遠距離恋愛の場合、こまめに会うことが難しい以上はLINE等でコミュニケーションを取る以外方法がありません。もちろん活字だけのやり取りではなく、ビデオ通話なども積極的に活用すべきで、これが面倒に感じてしまうようだと別れまっしぐらになります。

 

また、逆に心配性で常に行動報告を求めるようなLINEも禁物

 

馴れない土地で気持ちに余裕がない状況のなかで、確かに心配で気がかりなのは理解できますが、常に「なにしてた?」とか「週末の予定は?」などと聞かれ続けると、相手にとっても良い気分にはならないでしょう。

 

相手に対して、常に一緒にいる気持ちにさせてあげることが大切なのですが、

 

相手の行動を把握できないことに対してストレスを感じたり

 

落ち着きを失ったりして、相手に辛く当たってしまうことも多々あります。こうした性格だと遠距離恋愛は難しく、また仮に復縁に至ったとしても環境が変わらなければ、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

 

▼関連記事
遠距離にも負けず復縁を成功させた体験談

 

 

気持ちを繋ぐ細かなアプローチで修復も復縁も可能!

上記のように、遠距離恋愛で気持ちが離れないようにするためには、こまめなアプローチが重要となります。一方、あまりしつこくLINEを送っても、相手にとっては負担となってしまう可能性がありますので、その程度や度合いは相手の性格次第ですが、

 

最低でも週に1回程度

 

のコミュニケーションは必要です。
遠距離恋愛中は、一緒にいた時とは異なり何かと神経質になりがりなので、ふとした会話のなかでも他の異性の存在などを感じさせるような言動はNG。頻繁に会話することが重要ですが、あまり突っ込んだ話をしすぎると仇となる可能性もありますので注意しましょう。

 

また、次に会える日を前もって決めておくことも重要。

 

次に会える日を楽しみに頑張れる

 

という前向きな気持ちにお互いなれるので、そこには会えること以上の強い信頼感が芽生えます。もちろん完全にカップルに戻った状態でなくても問題はなく、実際に会えた時の喜びは普段以上のものがあるでしょう。

 

ただ、相手に既に別の異性の存在が感じられるときは要注意!

あまり会うことに前向きではなかったり、直前になって会う日をキャンセルしてくるような場合は、あなたとの約束以上に大切な約束ができたと考えるべきで、

 

わざわざ遠くから出向くあなたと以上の存在の人がいる

 

と考える必要があります。
必ずしも全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、LINEだけであっさりと会う約束をキャンセルしてくるようであれば、この復縁はかなり難しいかもしれませんので、新たな道へ進むという選択肢も検討した方が良いかもしれません。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
成功率は低い?!遠距離恋愛で別れた末の復縁占い
音信不通の自然消滅での別れは復縁できる可能性が高い?!

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける