おまじない

花言葉が意味する復縁方法とおまじないのやり方

アロカシア

アロカシアの葉を使った復縁のおまじないのやり方

アロカシアをご存知ですか?別名クワズイモという名前もあります。熱帯地方の植物の為、室内で育てる事ができる観葉植物で、サトイモの仲間です。このアロカシアの花言葉が復縁です。

■用意するもの
アロカシア
ハサミ
油性ペン

■方法
まずハサミでアロカシアの葉を一枚切ります。次に油性ペンで切ったアロカシアの葉に「○○さんと復縁できますように」と3回唱えながら復縁したい相手の名前を書きます。透明のパウチなどに入れて相手の名前を書いた葉を大切に持ち歩きます。

おまじないの効果の説明と効き目がある期間

アロカシアの葉はハートの形に似ていることから、相手との心の繋がりを表します。土に埋まっているアロカシアから葉を一枚ハサミで切る事は、アロカシアのエネルギーをいただく事になります。油性ペンで相手の名前を書く事は消えない事を意味しますので、相手との縁を繋ぐ役割をしてくれます。このおまじないの効果は、切ったアロカシアの葉が枯れるまでです。枯れた葉は土に埋める事が必要です。

おまじないをするにあたって気をつけること

水性のペンですと名前が消えてしまう可能性がありますので、必ず油性ペンで書いてください。持ち歩く際に他の方に見られないように注意をしてください。万が一見られてしまった場合は、おまじないを最初からやり直す事が必要です。アロカシアは比較的室内で育てやすい植物ですが、本体を枯らしてしまう事がないように気をつける事も大切です。このおまじないをしている間は効果が薄れてしまう可能性がありますので他のおまじないはしないでください。そして、復縁できると信じることが何よりもおまじないの効果を高めます。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける