復縁メール

復縁にSNSは諸刃の剣!?元カレとヨリを戻すSNS活用方法

SNS

SNSは使い方によって復縁の味方にも敵にもなるツール

SNSはご存知ですか?ソーシャルネットワークサービスの頭文字をとりSNSと言います。会員制のネットワークを使ったサービスでLINE、Twitter、Facebookが人気です。ネットサーフィンをしていたらたまたま昔好きだった人のFacebookを見つけたということも良くあります。復縁をする際にSNSは大変有効で、元カレと繋がっているSNSは使い方によって復縁の味方にも敵にもなるツールです。SNSを通して、直接連絡せずに相手の行動を知る事ができますので、復縁のきっかけやタイミングを計る事も可能です。改めて、相手の好きな事や趣味、どんな生活を送っているのかを知る事ができますので、復縁できた時には、別れる前よりも濃厚な恋愛関係を結べる可能性が高くなります。

 

基本は沈黙を守ること

大好きな相手とお別れをした際に、感情の高まりから相手との繋がりである連絡手段を断ち切る為に、相手の事をブロックしてしまった事はありませんか?その場の感情でブロックする事は相手との復縁の可能性を潰してしまいますので注意が必要です。ブロックする事で「相手は寂しさを感じ自分の事を気にかけてくれるかも?」と思いがちですが、相手にとっては失礼な事をされたと思われる可能性が高いので逆効果です。かといって失恋の痛みから目をそらす為に、相手に見えるようにあからさまな「充実してます」アピールも良くありません。人間は感情が表情に出ます。充実しているとアピールしていても実は辛い事は案外人からみて分かるものです。写真に映った貴方が作り笑いをしていると分かってしまう事は、痛い可哀想な女性に見えてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

アプローチすることより、元カレと繋がっていることそのものが重要

SNSは元彼と復縁をする上で大変有効的ですが、元彼と復縁したいと焦るあまりに、積極的に連絡をとろうとしたり相手にアプローチしたりすることよりも、元彼と繋がっていることを意識した方が復縁の可能性が高まります。どんな方法を使っても復縁したいと望むあまりにSNSを使用する事は、結果的に周りの人を巻き込む事になりますので、元カレからすると悪い印象を持たれ迷惑になる可能性が高いです。何もせずに別れた後に一定の冷却期間を持ち、直接電話やメールなどで誠意を見せるほうが効果的です。男性は昔から狩りをしてきました。その為に女性を追いかけたい本能が備わっています。SNSで焦ってアピールするよりも、どんと構えていた方が男性は追いかけたくなり、復縁の可能性が高まります。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける