おまじない

折り紙で願掛け!復縁を願う折り紙での強力なおまじない

201904-06

折り紙とおまじないの関係

復縁を強く願う人に人気のおまじないの一つに折り紙をつかったおまじないがあるのはご存知でしょうか?
 
折り紙の起源を辿ると、日本に和紙が生まれそれを神様へのお供物などを包んだことから始まったと言われています。折り目が美しくなるように包んで飾る、ということから現在の折り紙につながっており、神様とのご縁が深いということなのです。神社への御参りと同じく、古くから日本に浸透している文化の一つと言っても過言ではありません。
 
そんな神聖な折り紙をつかった復縁成就のためのおまじないを幾つかご紹介していきます。

 

強力な折り紙のおまじないで復縁を願う

ではさっそく折り紙で復縁が叶うおまじないをご紹介しましょう。
先ほどもいいましたが、折り紙はもともと神様へのお供えから発生したもので神様と深いご縁があります。したがって折り紙は新しくきれいなものを使用し、汚したり破けたりしたものは使わないでください。
 
【赤い折り紙で復縁を願うおまじない】
ケンカが原因で感情的になり連絡が途絶えてしまった、という場合に効果のあるおまじないです。
・赤い折り紙で丁寧に鶴を折る
・右の羽に相手の名前を書く
・左の羽に自分の名前を書く
・仲直りや復縁を願いながら折り鶴を燃やす(流し台や灰皿などで火に十分注意して行うこと)
 
【金色の折り紙で再会を願うおまじない】
自然消滅してしまったけどもう一度会って縁を結びたい、という場合に効果があります。
・金色の折り紙の白い面に再会したい相手の名前を100回書く。この時に名前が消えないように油性ペンを使うこと
・金色の面を表にして折り目正しく丁寧に鶴を折る
・折った金色の鶴をお守りのように常に身近に持ち歩く
 
【銀色の折り紙で相合傘のおまじない】
折り紙を折らずに使用するおまじないです。一月ほどで効果のほどがわかるとか。ハートの形はきれいにするほど効果が出やすいのできちんと下書きをしてから切りましょう。
・銀色の折り紙をハートの形に切る。この時きれいなハートに切ることが重要。
・折り紙の白い面に相合傘を書いて左に自分、右に相手の名前を書く
・書き終えた折り紙を小さく折りたたみ、1か月間常に持ち歩く
 
【白い折り紙で力のあるおまじない】
シンプルな方法ですが常に目の届くところに置くので自分の念が入りやすく、力を込めることができるでしょう。
・白い折り紙を三つ折りにする
・右に相手の名前を、真ん中に自分の名前を書く
・書いた紙に復縁の祈りを込めて強く息を吹きかける
・名前が内側になるように三つに折りたたみ、部屋の中の自分の目線よりも高いところに置く
 
このほかにも折り紙を使った復縁おまじないは多数あります。
ただし、単に折り紙を折るだけでなく、相手のことを想い、そして復縁を強く願うことも大切な要素のひとつであることを忘れないようにしましょう。

 
▼復縁おまじない記事一覧に戻る

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける