おまじない

シャワーで身を清めて効果倍増?浄化作用を高める復縁おまじない

シャワーで身を清めて効果倍増?浄化作用を高める復縁おまじない

 

シャワーを浴びながら神通力?!

様々な復縁おまじないがあるなか、シャワーを浴びながら相手のことを念じ、ソワカなどの多様な宗教を起源とした聖句の呪文を唱えるといったおまじないがあるのはご存じでしょうか?

 

呪文を唱えることの信憑性はさておき、シャワーを浴びること自体は、自分自身の身を清めることに当たるため、願い事を行う際の水浴行為としては広く浸透している手順です。

 

神社にお参りに行く際には、手水舎で両手や口を清めると思いますが、この行為を禊(みそぎ)と言い、心も体も洗い清めるという意味合いがあります。願掛けの際には、

 

心と体を清めることで願いや想いが高まり願いが叶う

 

と言われますので、自宅でのシャワーもまた、禊に当たると考えても不自然ではありません。復縁したい相手への想いを届けたいのであれば、心から相手のことを想い、そしてその願い事を心のなかで何度も繰り返すことで、復縁における運気やタイミングを呼び寄せることができるかもしれません。

 

この記事では、毎日の入浴時における「シャワーを浴びながら念ずる復縁おまじない」についてご紹介してきます。

 

潔斎は神事・仏事を行う際の必須行為

神事・仏事を行う際に身を清める行為を潔斎(けっさい)と言い、古くは祭事に臨む際に沐浴などをすることが慣習として当たり前でした。近年では沐浴まですることは珍しいかもしれませんが、手水舎で両手や口を清めるのが一般的、自宅においてもお風呂やシャワーで身を清めることが潔斎に当たると考えられます。

 

潔斎が神と人間とを結ぶ具体的な作法となりますので、逆にシャワーを浴びずに願掛けをしてもおまじないの効果が得にくくなる可能性があります。シャワーでしっかりと身を清めつつ、復縁したい相手への想いや自分自身の硬い意志を再確認することで

 

復縁を前向きに捉えることができる

 

ようになります。
復縁については時間も根気も必要で、一朝一夕でなし得るものではありません。復縁できればラッキーくらいな軽い気持ちで相手にアプローチしても、決して満足いく結果は得られないでしょう。

 

神頼みの前に最低限の作法を行う、その心構えが大切なのです。

 

お清めの塩や酒も復縁おまじないの定番アイテム

厳格な潔斎ともなりますと、沐浴のほか数日前から飲食も慎んだりと、それだけ神事は重要なイベントであり、そこまですることで初めて効果が得られるというもの。その他、清めの塩やお供え物としてのお酒なども、神事には効果的アイテムと言えます。

 

復縁おまじないとしての身の清めにおいては、そのおまじない効果を上げることに意義があるので、それで復縁が成就するということではなく、復縁したい相手への想いを伝えやすくしたり、復縁するために自分自身の

 

モチベーションを上げるといった効果の方が大きい

 

のです。
身を清めるという意味では、お塩やお酒のほか、お米や果物なども用いられますが、特段決まりがあるわけではありませんので、自分自身が毎日続けられる範囲で行うのが重要です。

 

何事もことを急いては成就するものもできなくなってしまいますので、せっかくのチャンスをものにするためにも、最低限の作法を知り、自身の浄化作用を高めて、復縁おまじないの効果を最大限に引き出すと、相手の気持ちを捉えることができるかもしれません。

 

復縁を成就させるためには、相手のことを強く想って、継続的に念じることが重要なのです。

 

≪その他オススメの復縁おまじない≫

次の週末に行きたい!決定版!復縁を叶えてくれる神社
関西の縁結びパワースポットで復縁を叶える!

 

 

▼復縁おまじない記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける