復縁コラム

復縁成就の秘訣は素直になって全てをさらけ出すこと?!

復縁成就の秘訣は素直になって全てをさらけ出すこと?!

元カレや元カノの素直な気持ちを引き出す方法

別れてしまった元カレや元カノと復縁したいと思った時、まずはじめに起こす行動としては、LINEなどを使ってコンタクトを取ることが多いのではないでしょうか?一方の相手も、復縁したいと思っていたとすれば連絡を来たことを素直に受け入れると思いますが、

 

両想いのケースは比較的稀

 

であり、いきなり連絡を貰った元カレや元カノの多くは

 

・なんでいきなり連絡してくるの?
・なにか魂胆でもあるのでは?
・復縁したいから連絡してきたの?

 

といった具合に、あなたの心理状況を勘ぐられてしまうパターンが多いかもしれません。

 

一定の冷却期間を経ていたとしても、何かきっかけがないとなかなかアプローチはしにくいものですが、それが元カレや元カノの誕生日が近いという状況であったとしても、いきなりの連絡がそれでは、相手からしてみても不審に思われても致し方ありません。

 

特に元カレや元カノに復縁という選択肢が現状ない場合、LINE等でアプローチしたとしても、その応対はそっけないものになる傾向があり、そうした反応を見て腹を立てたり、復縁を諦めてしまうケースが多いのですが、

 

そもそもアプローチの手順を間違えている

 

という点を理解していない方が多いのです。

こうした反応は当たり前で、

 

逆に自分がされたらどういう反応を取るか?

 

ということを考えると分かりやすいかもしれませんが、まずは変に勘ぐられたり、駆け引きせずに素直に復縁したい気持ちを伝えることも大切です。もちろん、その場では良い反応は得られないのが前提ですが、変な駆け引きをせず、目的を明確化させることで、相手の反応が大きく変わることもあるのです。

 

今回の記事では、そんな復縁成就のための自分自身の表現方法についてご紹介していきます。

 

自分の悪い点・至らない点を相手にハッキリ言えるか?!

これまで付き合っていた二人が別れてしまう原因については、どちらか片方の原因であったり、双方の原因であったり、タイミングの要因であったりと様々ですが、浮気などの自分の否が一番の原因である場合には、まずはその問題を振り返り

 

・自分が犯した失敗を反省している点
・その時の自分の心理状態をハッキリと振り返る
・元カレや元カノを傷つけたことを大いに自覚している

 

ということが相手に伝わらないと話が始まりません。

 

一方、元カレや元カノが原因だった場合でも決して相手を責めるのではなく、かといって何でも言いなりになるようなスタンスではなく、互いに何が問題だったのかを話し合えるような状況を作る必要があります。

 

この状況は、共に

 

・片方が復縁したいと思っている。
・もう片方が復縁なんて考えてなかった。

 

という状態ですので、相手に対して否を認めさせるような話の持って行き方は非効率で、少しでも責められるようなことがあれば、「じゃ復縁なんかしなきゃいい」ということになってしまいます。

 

相手に否がある別れだったとしても、ある程度の関係修復ができるまでは、相手に見返りを求めず、復縁に対して前向きになりつつある状況になって初めて、「こういうことはもうしないで欲しい」と、自分の気持ちを正直に打ち明けることが大切です。

 

まずは自分自身の悪かった点、別れてしまった要因を作ってしまった点をしっかりと自分のなかで整理し、そしてこれまで

 

自分に至らなかった点を必ずカバーできる

 

という安心感を相手に与えることで、はじめて相手も復縁に対して検討段階に入れるということを念頭に置いておくと良いでしょう。

 

▼関連記事
復縁したい本心をなかなか打ち明けられない時の対処法

 

別れたことを本当に後悔していると言えるか?!

元カレや元カノと別れたあと、一定の冷却期間が過ぎれば徐々に意識の中から元カレや元カノの存在は薄れていき、他の気になる異性の存在の方が大きくなってくるのが一般的です。そういう心理状態になれば、仮に別れた直後に後悔していたとしても、

 

時間が経過すればその後悔の念も薄れていき

 

元カレや元カノの付き合っていた当時のありがたさや優しさも振り返ることができにくくなってきます。そういう観点では、少なくとも別れたあと半年以内には、こうしたアプローチを実行しておく必要があり、あまり時間が経過しすぎてしまうと、記憶そのものがあいまいになってしまうため、

 

元カレや元カノのありがたさも感じにくくなってしまいます。

 

そういう観点では、本当に別れたことを後悔しているという気持ちが大きいうちに行動しておかないと、うわべだけのアプローチになってしまい、そうしたアクションは相手にも見抜かれてしまいます。

 

本当に反省し、本当に復縁したい

 

という気持ちが相手に伝わらなければ、復縁が成就することはありませんし、逆に再び付き合うことができたとしても、そのありがたみは半減してしまうでしょう。そういう意味でも、自分自身に素直になることが必要なのです。

 

・まず自分が素直になって、素直に後悔していることを伝える。
・一定の冷却期間を過ぎても、やはり自分の意識の中には元カレがいる。
・前回の失敗を踏まえ、復縁しても決して同じ失敗は繰り返さない。

 

そんな強い意志を示されたら、きっと元カレや元カノも復縁を検討することになるはずです。

 

LINEなどのツールは、手軽にアクションを起こせる一方、行動の一つひとつの重さや誠意が伝わりにくい特徴があります。LINEなどのように簡単にアクションを起こせるツールほど、その人の本音や真意は伝わらないものです。

 

しっかりと相手の目を見て後悔していることを伝えれば、きっと何らかの前進はできるはずです。復縁アプローチが上手く進まなかった際には、今一度この部分を確認しておくことをオススメします。

 

≪その他オススメの復縁コラム記事≫
復縁成就の鍵は「期待しないこと」?相手からアプローチさせる復縁テクニック

 

▼復縁コラム記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける