30代

30代の復縁体験談!復縁が叶うケースと失敗するケースの違い

復縁できるケースとできないケースには違いがある?!

別れた彼と復縁したいけど、どうすればいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
当サイトでは復縁占いやおまじない、アプローチ方法など、復縁にまつわる様々な情報をお伝えしていますが、確かに復縁成功は簡単ではないケースもあります。

 

しかし、全てのケースが上手くいかないわけではなく、復縁が叶い、のちに結婚できた人もいるのは事実です。
では、復縁が叶う場合と叶わない場合には何が違うのでしょうか?
 
そこで今回は、復縁成功談と失敗談からその違いを見ていきましょう。

 

30歳の誕生日の直前に別れを迎えた女性の復縁成功談

「あと数日で30代突入!」というある日、私は当時婚約までしていた彼にフラれました。

 

仕事に遊びに、自由に楽しんだ20代を経てアラサーとなり、「そろそろ結婚や出産のこと考えなきゃなぁー」と、漠然と考えていた矢先の晴天の霹靂でした。

 

彼は5つ上の会社員で、趣味の写真サークルで出会いました。

仕事もできて安定した収入、レディーファーストな一面もあり、彼となら絶対に素敵な家庭を築けると確信していたのにも関わらず、

 

フラれるという残念な結果になってしまいました。

 

彼のことは大好きだったけど私ももう大人ですし、泣いてすがるなんてことはしませんでした。別れを受け入れ、最後まで良い女でいようと決めました。もちろんとても辛かったです!

 

30代ということもあり、結婚への焦りはありましたが、彼以外の人なんて考えることが出来ず、

 

とりあえず目の前にある仕事に没頭することを決意しました。

 

入社して8年目、部署での仕事のキャリアも上の方になってきた為、大きな仕事も任せてもらえるようになりました。

 

ですが、いくら大きな仕事を任されても、彼から振られたことはなかったことにできません。彼のことを思うだけで涙がでそうになります。しかし「メソメソと泣くような女にだけはなりたくない」と、ひたすら仕事に集中しました。この時ほど仕事があって良かったと思ったことはありません。

 

すると別れから半年ほど経ったある日、

 

彼の方から「よりを戻したい」と連絡がきたのです。

 

私が隣にいない寂しさに襲われたそう。
私がより一層仕事を頑張っていることも、人づてに聞いていて、気になっていたようです。

 

別れた後、彼を追いかけず、自分のやるべきことにまい進していた私が、遠くに行ってしまうような焦りを感じたのでしょうね。彼のことはずっと大好きだったので、二つ返事でOKを伝えて復縁を叶えることができました。

 

もしあの時、泣いてすがって別れを拒んだり、毎日連絡して復縁を迫っていたりしたら今の幸せは戻ってこなかっただろうと思います。

 

【田中 玲子さん/女性/33歳】

 

▼関連記事
別れた後また連絡を取り始めてから1ヶ月で復縁に成功した体験談

 

酔った勢いで連絡してしまった女性の復縁失敗談

2年ほど付き合った彼とお別れしたのは半年ほど前。私から別れを切り出したのに、新しい恋もできず、何だか寂しくてつまらない毎日を過ごしていました。

 

「彼といた時は毎日たのしかったな。」「何だかんだ優しくて私のことを優先してくれていたな。」などなど、良い思い出ばかりが蘇ってきて、復縁したいと思うようになりました。

 

そして、会社での飲み会の日、

 

酔っぱらった私は帰り道に彼に電話をしていたようです。

 

しかし、どんなことを話したのか全く記憶がなく、翌朝起きた時に通話履歴で気づきました。電話で彼に確認すると、どうやら「どうしても会いたい!」と泣きながら訴えたらしく、その週の週末に彼と会う約束をしていたようです。

 

酔っぱらった勢いで電話して、会話の内容も覚えていない私に、彼のなかば呆れた様子が伝わってきてとてもいたたまれなかったです。

 

一応約束したので二人で会ったのですが、何せ電話の記憶がない私。話の辻褄が合わず、気まずい雰囲気になってしまいました。彼と復縁したい気持ちはあったのですが、落ち着いて話をする中で彼にはその気がなさそうだということがわかりました。

 

酔っぱらった勢いで電話して、しかも記憶がないなんて最悪ですよね。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいで復縁を切り出すこともなく、その日はそのまま別れました。やはり、復縁などの大事な話はお酒の力をかりてするものではなかったです。

 

【小山 レイナさん/女性/31歳】

 

▼関連記事
おまじないの効果が出ない人必見!みんなの復縁おまじない体験談

 

まとめ

 

自分が振るにせよ、振られるにせよ、最愛の彼氏・彼女との別れは辛いもの。
その辛さや悲しみといった感情の赴くまま行動を起こしてしまうタイプもいれば、仕事など何かに没頭することで感情を押し殺すタイプもいます。

 

上記体験談のように、感情のまま行動を起こしてしまうと、より元カレや元カノとの距離が広がってしまうケースが多い傾向にありますが、逆に元カレや元カノを忘れようと仕事に没頭し、ある程度の時間が経過することで完全に吹っ切れてしまい、復縁の可能性が遠のいてしまうことも珍しくありません。

 

こちらでご紹介した成功体験談は、たまたま元カレから「よりを戻したい」とのアプローチがありましたが、元カレに新しい彼女ができてしまえば復縁成就は難しく、ある程度自らが行動を起こさないと、時間が経つほどその可能性は低くなってしまいます。

 

場当たり的ではなく、しっかりと復縁のアプローチやプロセスを考えたうえで、お酒の力など借りずに自分からアクションを起こすほど、成功の機運を高められるかもしれません。

 

≪その他オススメの復縁体験談≫
愛よりも夢を選んで復縁に失敗した体験談
遠距離にも負けず復縁を成功させた体験談

 

▼復縁体験談記事一覧に戻る<

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける