LINEでのやり取り

反応が冷たくても挫けない!冷ややかな反応から復縁成就させるやり取りテクニック

冷たくても挫けない!冷ややかな反応から復縁成就させるLINEやり取りテクニック

そっけない・冷たいLINEの返信は拒絶?脈ナシ?

別れてからも元カレや元カノとつながっている、というケースは少なくありません。
友達関係としてなら・・・という感覚で、引続きLINEやSNSでメッセージのやり取りをすることはあるかと思いますが、まだあなたに恋愛感情が残っているとすれば、きっと連絡を取り合うなかで

 

また恋人同士に戻りたい

 

という気持ちが大きくなっていくことでしょう。

 

そんななか、友達関係として残しておいたLINEなどで復縁を匂わせるメッセージや、二人でまた会おう、食事に行こうなどのメッセージを送った途端、元カレや元カノの態度が冷たくなったり、そっけない返信になったりするケースが意外と多いもの。

 

これまで、ある程度普通にやり取りできていたのに、急に態度が変わったりすると、

 

「なんかやらかしたかな?」

 

と不安になったり、あなた自身が精神的にも不安定になりやすくなってしまいます。
もちろん、元カレや元カノといってもその性格は千差万別。急に冷たくなったり・そっけなくなってしまった理由にも様々な感情や背景があるとは思いますが、一般的に考えられる要因としては

 

1、もう別れているから特別な感情はない
2、なんで今さら二人で会う必要があるの?
3、別に好きな人がいるのに困ったなぁ・・・
4、また同じ失敗を繰り返しそうで戸惑う

 

などなど、復縁成就という点では総じてネガティブな状態であることは間違いないのですが、4番のように元カレや元カノが戸惑っている心理の表れであるケースもありますので、もちろん状況次第ではありますが一概に

 

冷たい内容やそっけない返信が脈ナシとは言えない

 

とも考えられるのです。

 

特に元カノと復縁したいと考えている場合、女性は男性ほど後ろ髪を引かれない傾向にあり、気持ちの切り替えも早い人が多いのも事実。付き合っていた当時にあなたより、

 

本能的に”より魅力的な男性”を好む

 

ということも言えますので、そうした本能的な部分が意識せずともメッセージに表れているのかもしれません。
今回は、そんな冷ややかでそっけないLINEの返信における復縁成就の捉え方と、そんな状態から挽回するLINEやり取りテクニックをご紹介!

 

元カレや元カノがこうした態度だと、復縁成就の道のりはまだまだ厳しい状況かもしれませんが、早々に諦めるのではなく、元カレや元カノにしてあげられることをしっかりと対応してから判断しても遅くはないでしょう。

 

▼関連記事
振られた相手に「復縁したい」と思わせるきっかけ作りと復縁テクニック

 

付き合っていた当時の感覚を一旦リセットして考えよう

付き合っていた当時の感覚を一旦リセットして考えよう

 

まずはじめに、「冷たい」「そっけない」という感覚は、ある意味主観的な部分ではあるので、自分にとってはそう感じたとしても、

 

相手からしてみれば普通に返信した

 

という認識のズレも往々に発生します。
「態度や返信内容が急変した」というのが明らかに分かる場合は、直前に何を送ったか?、しつこくメッセージを送っていないか?、変に復縁を迫っていないか?などを確認することができるかもしれませんが、基本的には

 

いまはただの友達関係

 

ということを忘れてしまい、付き合っていた当時の感覚でメッセージを送っているあなたに原因があることが多いのです。さらに、相手に「復縁したい」という気持ちを匂わせるような内容を送信した際に、そっけない返信が来たのであれば

 

今のところあなたとやり直す気はない

 

という態度の現れでもありますので、それでも復縁成就を目指すのであれば、さらなる冷却期間を設けたり、自分磨きなどで自分自身を変化させる努力が必要です。くれぐれも軽いノリで

 

え~なんか冷たくない?

 

なんて返信してしまうと、元カレや元カノからすれば「空気読みなよ・・・」と不快感を与えてしまい、最悪ブロックされるリスクさえあるのです。
こちらは、元カレや元カノの性格や感覚的な部分によって大きく異なりますが

 

あなたとのやり取りが嫌なら返信してこない

 

というのは誰でも同じだと思いますので、現時点で返信が来るのであれば、まだ完全に嫌われた状態ではないということ。
元カレや元カノのその判断を大切にし、これ以上距離が広がらないよう、

 

冷静にアプローチの進め方を考える期間

 

と捉え、冷たい態度やそっけない返信については、あまり気にしないようにしましょう。

 

▼関連記事
復縁を諦めたいのに元カレを忘れられないあなたが取るべき2つの道

 

距離を縮めることに集中!冷ややかな反応から挽回復縁テクニック

冒頭でもお伝えしたように、相手の反応が冷たいからといって復縁できる可能性がまったくゼロかというと、そういう訳ではありません。
もちろん、厳しい状況であることは間違いないのですが、

 

元カレや元カノが戸惑っている心理状況

 

であれば、望みがない訳ではないのです。
かといって、復縁を焦るほど相手は距離を取ろうとする心理状態とも言えますので、まずは復縁の有無に関わらず、二人の距離や時間に慣れさせることから始めるのが効果的。
ガツガツと復縁を迫るのではなく、

 

あくまで友達感覚で一緒に食事をしたり、どこかへ出かける

 

ということで徐々に二人の距離を縮めるようにしましょう。
そうしたなかで、LINEでのやり取りにも不自然さがなくなり、そっけない返信もなくなっていくようであれば、復縁アプローチの第一ステップはクリア。復縁を特に意識せず、

 

付き合い始めの頃の優しい対応を心掛ける

 

ことで、あなたに対する元カレや元カノの反応も徐々に変化が見られるようになるでしょう。
どうしても一度別れている状況だと、別れの原因となったあなたに対する嫌な部分のイメージが大きいという心理状態なので、必然的にバリアが張られている状況です。

距離を縮めるというのは、

 

あなたに対するネガティブなイメージを払拭することが目的

 

となりますので、その嫌なイメージが払拭できて初めて復縁のアプローチが効果的となってくるのです。
皆さんもご想像のとおり、まだ嫌な印象が払拭しきれていない相手から「復縁しよう」などと持ちかけられても

 

「は?なに言ってるの?」

 

という感覚になりますよね?

 

復縁をしたい側の思考と、アプローチされる側の思考には、大きな乖離があるため、冷静に相手の思考を理解しようとすれば、冷たく冷ややかな返信に対する対処方法も自然と見えてくるもの。
復縁に失敗するパターンは、概ね

 

相手の気持ちや感覚・思考を理解していない

 

というケースが多いことを覚えておくと良いでしょう。

 

▼関連記事
手順を間違えるとストーカー扱い?!継続的な復縁アプローチの注意点

 

≪復縁メールに関するオススメ記事タグ≫

LINEに関する記事一覧
SNSに関する記事一覧

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける