復縁コラム

手順を間違えるとストーカー扱い?!継続的な復縁アプローチの注意点

手順を間違えるとストーカー扱い?!継続的な復縁アプローチの注意点

復縁に焦りは禁物!相手のことを良く考えたアプローチを!

別れた相手を忘れることができず、復縁したいと思うことは決して珍しいことではありません。今でも、好きという気持ちがあるなら簡単に諦める必要はありませんので、継続的にアプローチをしていくことは大切です。

 

しかし、自分の「復縁したい」という気持ちだけを優先してしまうと

 

・連絡し続ける
・直接会いに行く

 

など、相手の気持ちや都合を考えず、自己中心的な行動を取ってしまいがちになってしまいます。

 

これでは、復縁どころか

 

・連絡しても無視される
・LINEをブロックされる
・ストーカー扱いされてしまう

 

という最悪の結果を招いてしまうこともあります。

 

特に男性側に多い傾向にありますが、復縁においては言うまでもなく相手あってのアプローチである以上、相手にとって「迷惑」と思われてしまった時点で、復縁できる可能性は限りなく低くなります。

 
また、学校やバイト先、勤務先周辺で待ち伏せしてなどしてしまうと、

 
「迷惑」というボーダーラインを越えストーカー扱いされてしまいます

 
ので、そうなると男女問わず復縁の可能性は完全に絶たれてしまいます。
 

そんなことにならないためにも、今回の記事では、継続的な復縁アプローチにおける注意点を幾つかご紹介いたします。
しつこくLINEを送ったり、待ち伏せしたりしなくても、相手にとって「迷惑」と思われた時点でストーカー扱いされてしまう現実を受け入れ、そうならないためのテクニックをしっかりと身につけておきましょう。

 

ストーカー扱いされる?!復縁アプローチのNG行為とは

もし突然、彼氏や彼女から電話などで別れを告げられたら
 
あなたはどのような行動を取りますか?
 
当然、自分は納得ができず、何とかして相手と話し合いの場を持とうと思うのは当然のことかもしれませんが、会う約束をするために電話やLINEをしても返信が取れなかったとしたら、どのようにして連絡を取るでしょうか?
 
仮に、相手の家や勤務先に直接出向いたりした日には
 
「ストーカーみたいなことはやめてほしい」
 
と言われてしまうのが関の山・・・
 

今日では、ストーカーの意味合いも広義に捉える傾向が強まっておりますので、相手から返信がないにも関わらずメールを送り続けたり、突然待ち伏せしたりと、相手が迷惑であったり恐怖を感じさせるような行為は、概ねストーカー行為に該当してしまうのです。

 

とても辛いことですよね・・・

 
突然別れを切り出され、その原因も分からずに納得いかない部分も多いかと思います。
ただし、だからと言ってしつこく理由を聞いたり、復縁を迫ったりするのはナンセンス。

 

自分だけが納得していない状態かもしれませんし
元カレ・元カノはずっと我慢していたのかもしれません。

 

復縁においては、自分自身の気持ちを相手にぶつけることも大切ですが、何より相手の気持ちや感情を優先させることが重要。
「とにかく話を聞いて欲しい」などの、
 
独りよがりの感情はタブー
 
となる点をしっかりと理解しておきましょう!
次の項目では、別れた直後からの復縁アプローチの手順を具体的にご紹介していきます。
 

▼関連記事
元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?

 

ストーカー扱いされない復縁アプローチ手順

別れたものの、別れたくない思いが強く何度も連絡を取ろうとしてしまう人は多くいます。
もちろん、別れ直後に連絡をとることで復縁できた人もいますが、相手の感情が高ぶっている状態だと、

 

電話してもつながらない
LINEをブロックされてしまった

 

などの対応を取られることもあります。
相手から拒否されていることの表れであり、それを気にせずに連絡し続けるとストーカー扱いされてしまうので、別れ直後はどんなに連絡を取りたくてもグッとこらえましょう。

 

思いのほか相手から連絡がくることもあるので、2、3ヵ月ほど連絡を控えてみることがポイントです。その後は、

 

SNSを使って少しずつ絡んでいく
共通の友人を交えて会う

 

など、徐々に繋がりを保つようにしましょう。

 

なお、男性のネガティブな感情は脳に留めておくことが不得意なため、半年程度連絡を途絶えた場合には

 

「久しぶり!元気?」

 

というような、軽いタッチのLINEだとスムーズにアプローチできるかもしれません。きっかけは、相手の誕生日や近況報告など身近な話題でOK!既読が付くタイミングが早くなったり、チャットのようにやりとりできるようになったら、会う約束をしてもいいでしょう。

 

急いては事を仕損じる、急がば回れ、などのことわざがあるように、焦る気持ちを抑えることが復縁アプローチの鉄則です。そして、自分本位の行動にならないように、相手がどう思うか考えながら行動していきましょう。

 

≪その他オススメの復縁コラム記事≫

別れた彼氏が復縁を意識するきっかけは?
復縁アプローチの定番駆け引きとメリット・デメリット

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける