復縁メール・LINE

LINEブロックからの復縁成就!関係を再構築できる心理アプローチ

LINEブロックからの復縁成就!関係を再構築できる心理アプローチ

LINEをブロックする男性心理はこの2つ!

元カレと別れて数ヶ月、そろそろ適度な冷却期間も経たので元カレに連絡を取ってみようとLINEを送ったものの、一向に既読がつく気配がない・・・

 

もしかしてブロックされてるかも?!

 

そんな嫌な思いがよぎる瞬間を体験したことがある人も多いことでしょう。

 

特に女性側に多いと言われる元カレや元カノのLINEブロック。
過去の関係や想いを断ち切って前に進もう、という強い意志の表れとして元カレや元カノのLINEをブロックするという心理が働くケースが多いようですが、一方で

 

いま連絡が来たら気持ちが揺らいでしまう

 

という未練を残した心理状態からの逃避、ということで元カレや元カノのLINEをブロックするというケースも少なからずあります。いずれの場合も時間が解決する問題でもありますので、時が経過するほど気持ちに落ち着きを取り戻し、

 

徐々に復縁できる可能性も遠のいてしまう

 

ことになりますが、ブロックされている以上、コンタクトを取る手段がありませんので、本気で復縁を成就させたいなら、なんとかこのブロック状態から抜け出す必要があります。

 

仮にあなたが復縁したいと思っているけど、元カレがLINEをブロックしている状態ので元カレの心理としては、

 

1、気持ちに整理がついていない
2、あなたに未練がある
3、本当に連絡して来ないで欲しい

 

のいずれかしかありません。
仮に、あなたに興味も関心もないという状態であれば、よほど鬱陶しいメッセージを送らない限り、わざわざブロックすることはないでしょう。

 

このように、相手の心理を適度に深読みすることで、LINEのブロックからの解除はもちろん、友達関係からの再構築、さらには最終的な復縁成就まで、決して不可能なことではないのです。

 

まずはLINEブロックの解除から、友達関係への再構築までのアプローチを見ていきましょう。

 

 

ブロックされているかな?っという状況で取るべき行動

一般的に、LINEブロックされているかも?という状況においては、相手のことも考えて、そこでアプローチを諦めてしまうケースが大半ではないでしょうか?

 

LINEをブロックされた際の対処法の多くは

 

・実際に会った時にさりげなく聞く
・別のSNSなどのダイレクトメッセージを活用する

 

といった内容がほとんどで、いずれの場合もコンタクトが取れる可能性が低いのが現実です。もちろん、リアルで会う機会があれば良いのですが、その機会がないようであればSNS等でメッセージを送るほかありません。

 

ただし、ブロックされている状況下においては、どのツールを用いても

 

「うわっ、こっちにも来たよ」

 

と思われてしまうリスクもあります。

 

完全にブロックされているかの確認方法については、今後LINEの仕様変更等で変わる可能性もありますが、

 

1、元カレのタイムラインを見てみる
ブロックされていれば「まだ投稿がありません」となる。
(ただし、元々投稿が何もない場合も同様の表示となるため判断できない)

 

2、LINEストアからスタンプをプレゼントしてみる
ブロックされている場合は、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」となる。(プレゼントしようとしたスタンプを本当に持っている場合もありますので、何パターンか試してみる)

 

いずれの場合もブロックされている可能性が高いと判断される場合、共通の知人から元カレに対して「あなたが連絡を取りたがってるみたいだよ」っと伝えて貰えるのが一番スムーズな方法です。もちろん、直接電話したり会いに行ったりする方法もありますが、

 

かえって逆効果となる場合もある

 

という点は念頭に置いておく必要があります。

 

いずれにせよ、LINEがブロックされている状況においては、元カレにアプローチできる手段がほとんどありませんので、冷静になって元カレにコンタクトできる方法を見直してみると良いでしょう。

 

▼関連記事
既読スルー、メール無視?!元カレから返信がこない理由とは

 

 

相手の自発的なブロック解除を促す復縁テクニック

LINEのブロックにおいては、冒頭でご紹介した心理的な要因のほか、あなたと別れた原因などにも左右されるため、単に冷却期間を経たとしても復縁の可能性が必ずしも高まる訳ではありません。

 

例えば、あなたが一方的にフッてしまった場合や、別れの原因があなたにある場合などは、元カレの拒絶反応は長きに渡る可能性があります。一方で、完全に関係を絶つわけではなく、何らかのSNS等での繋がりは残しているケースが大半なので、

 

勇気を振り絞ってDMなどを送ってみる

 

ことでLINEのブロックを解除できたという成功体験も多いのが実情。

 

・まわりくどいことを言わず
・ブロックされていることを責めず
・本当の自分の想いを打ち明ける

 

ことが大切です。

 

仮にあなたがフッた場合でも、元カレにフラれた場合でも、それでダメなら次へ進もう!という決意が必要で、玉砕するくらいの思いがないと、この状況からの脱却は難しいでしょう。

 

共通の友人や知人がいれば、間接的に繋いでくれるのでアプローチしやすくなりますが、そうした行為が必ずしも元カレにとってプラスに作用するとは限らず、

 

なんで直接言って来ないんだ?!

 

と思われてしまう可能性もあります。

 

元カレの心理状況を知るうえでは、相手のSNSなどで情報を集めるか、共通の知人から話を聞くなど、様々なケースがありますが、元カレに自分の気持ちや真意を伝えることができれば、きっと最低限ブロックは解除してくれるはず。

 

それでダメなら、また冷却期間として時間を空けるか、新たな恋を見つけに前進するか、別の選択肢を模索するくらいの気持ちを持っておきましょう。それだけ、LINEがブロックされている状態というのは、

 

復縁アプローチとしては難易度が高い

 

ということを認識しておきましょう。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
復縁上手は知っている?相手を振り向かせる上手なLINEの使い方
復縁にSNSは諸刃の剣!?元カレとヨリを戻すSNS活用方法

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける