復縁コラム

「ダブルバインド」を使って誘いを断らせない復縁テクニック

double-hands

ダブルバインドを使ってデートに誘ってみよう

デートに誘いたいけど断られるのが怖いという時にはダブルバインドを使った誘い方で効果が上がります。「ダブルバインド」とは日本語に訳すと「二重拘束」という意味で、精神療法にも使用される事もあるテクニックです。例えば、好意を持った男性に「私の事好きなの?言葉にしてくれないから気持ちが分からない」と伝えます。伝えた事によって男性が建前で「好きだよ」と言葉にしてくれるようになりましたら、「いつも好きって言わないで」と全く反対の事を伝えます。この矛盾に男性は精神的なストレスを感じ、正常な判断が出来なくなります。「ダブルバインド」のテクニックで恋愛の主導権を握り、相手が貴方から離れられない精神状態を作る事が可能です。

 

提案する時に断る選択肢を与えないことで成功率を上げる

「ダブルバインド」のテクニックは男性が無意識でしている事が多いです。例えば、男性の上司のパワハラです。貴方が何か仕事で失敗した時に「次回は事前に俺に相談してから仕事を進めろ」と言われたので仕事を進める前に相談をすると「なんでこんな事まで俺に相談するんだ。そんな事も自分で考えられないのか」と罵倒されます。言われた方は、この矛盾に支配されてしまい、精神的なストレスを感じ、この状態から抜け出せなくなります。「ダブルバインド」のテクニックにおける「パワハラ」は悪い意味で捉える場合高いですが、恋愛への使い方によっては、絶大な効果を発揮します。ポイントは、「今度デート行こう。ドライブと映画どっちが良い?」などと、何かを提案する時にOKを貰えることを前提にする、断る選択肢を与えない事です。

 

「和食と洋食どっちがいい?」というようにすると断られにくい

「ダブルバインド」のテクニックは、水商売の女性が使用しています。例えば、「今度食事に連れて行っていただけますか?」だとイエスかノーの2択になり、断られる確率は単純に考えて50%ですが、「一緒にご飯食べたいです。和食と洋食どっちが好みですか?」というようにすると、ご飯を食べに行く事が前提なので、質問は和食なのか洋食なのかになり、ご飯を断れなくなります。この方法は恋愛にも応用が可能です。「映画一緒に行きたいな。アクションとホラーどっちがいい?」などと聞くと相手は断れませんのでデートへのハードルが下がります。しかし、この方法を使う上で一つだけ注意点があり、事前に信頼関係を作っておく事が必要です。嫌悪感を持って別れた場合などは、この方法を使うと嫌悪感を増してしまう可能性がありますので、一度距離を置いて信頼関係を築いてから使用する事で効果が上がります。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける