復縁コラム

「今は無理」と断られたら復縁は諦めるべき?!元カレの本音とは?

「今は無理」と断られたら復縁は諦めるべき?!元カレの本音とは?

「今は無理」に隠された心理を紐解こう!

元カレや元カノに復縁をアプローチした際に、「今は無理」と完全に断られたり、「今はあまり考えられない」というような難色を示される可能性は十分に考えられることです。一定の冷却期間も経て、準備万端で望んだ復縁アプローチだったのに

 

どうして満足いく結果が得られなかったのか?

 

結果自体は残念ではありますが、相手あってのことですので杓子定規にその原因を突き止めるのは、言うまでもなく困難です。ただし、復縁を断られる、もしくは難色を示す背景には下記のような要素が考えられます。


1、十分だと思った冷却期間が相手からすれば短すぎる。
2、別れの原因となったあなたのことをまだ許せていない。
3、仕事などが忙しく、現時点で恋愛したいと思っていない。
4、既に意識している別の異性が存在する。
5、あなたを傷つけないため遠まわしに拒絶している。

 

「今は」と言われてしまうと、じゃもう少し待てばOKなの?と思ってしまうのが心情かもしれませんが、実際のところこの表現は

 

現時点での復縁は相当難しい

 

拒絶ワードであり、相手の心理としては遠まわしにあなたを否定している表現である可能性が高いと言えます。例えば、友人や知人と遊びに行く予定を立てる際に

 

・いつか行こう
・いずれ行こう
・行けたら行こう

 

という表現は、可能性を残しているかのように思えますが、

 

実は遠まわしの拒否

 

であることが多いのと同様、復縁における「今は無理」というのは、何かしら心境の変化がない限り、今もこれからも無理という心理状態であることが往々にあります。仮に多少なりとも復縁できる可能性を残しているのであれば


・今は考えられないからしばらく友達関係でいたい。
・気持ちの整理がついていないから1ヶ月待って欲しい。

 

というような言い回しが自然かもしれません。

 

このように、元カレや元カノの言動一つひとつを紐解いていくと、現在の心理状態や心境の変化をある程度掴むことができるので、そんな言葉の裏に隠された相手の深層心理について紐解いてみたいと思います。

 

「いつならいいの?」は究極のNGワード

復縁アプローチにおいては、その段取りをしっかりと行うほど「復縁できる自信」がついて来る傾向にありますが、

 

あくまで復縁は相手あってのこと!

 

ある程度マニュアル的なプロセスを踏んだとしても、必ずしも成功するとは限りません。もちろん、復縁できる自信がついてくるほど、相手に想定外な反応をされると対処できなくなり、我を見失ってしまう傾向にあります。

 

あなた「復縁したい」

元カレ「今は無理」

あなた「じゃいつならいいの?」

 

という流れになりやすいのですが、相手からすると「今は無理」という返答は、現時点では復縁に対しては否定的であることが多いので、追い討ちを掛けるかのような「じゃいつならいいの?」という返答に対しては、とても嫌悪感を覚えてしまうことでしょう。

 

ある程度良い返答が貰えるだろう

 

という根拠のない自信が仇になってしまう典型的なケースで、元カレや元カノの反応が予想外にネガティブな結果となってしまったことで、冷静な判断ができなくなってしまう失敗例です。

 

もちろん、現実的に「今は無理」と言われれば、「じゃいつならいいの?」というのが自然な会話かもしれませんが、それは売り言葉に買い言葉で、相手の気持ちや状況を考慮していない身勝手な判断と言われても致し方ありません。

 

結局復縁は成就せず、これまで時間を掛けて再構築してきた関係も、

 

その一言ですべて台無しにしてしまう可能性

 

があるのです。

 

元カレや元カノの「今は無理」という表現の心理状態を考慮し、現時点で相手に復縁の意思がない、もしくは今すぐの復縁が難しいと感じるようであれば

 

一旦距離を置くこと

 

が重要。いくら万全の準備で臨んだとしても、最悪の結果も想定しておかないと、売り言葉に買い言葉で関係が悪化するリスクがあることも想定しておく必要があります。

 

▼関連記事
脈アリ?脈ナシを判断する相手の行動パターンと復縁アプローチ

 

復縁以外の道も模索するのが吉?!

ある程度の時間と労力を掛けて復縁アプローチを進めてきたものの、結果的に元カレや元カノとの距離を埋めることができなかった場合、今すぐ完全に諦める必要はありませんが、

 

別の選択肢も作る努力

 

が必要な段階に移行します。

 

元カレや元カノ以外の異性との関係を構築しつつ、「復縁ができたらラッキー」くらいに思えるよう、新たな出会いに比重を傾けていく必要があります。

 

「今は無理」という言葉を真に受け、成就する可能性の低い復縁を待ち続けてしまうより、新たな出会いを模索した方が結果的に時間の短縮にもなりますし、元カレや元カノの存在を忘れさせてくれるきっかけにもなります。

 

あなた自身の心理状態は

 

元カレとなんとしても復縁したい!

 

という気持ち一辺倒かもしれませんので、なかなか他の異性に関心を示すことはできないかもしれませんが、これまでのケースとは異なり、「今は無理」という言葉の内心には、復縁成就の可能性はほとんどないのが実情。

 

いつまでも元カレや元カノに意識を取られていると、身近に素敵な異性がいたとしても、

 

その存在にいつまでも気付かない

 

ということになりやす傾向にあります。

 

ひょっとしたら相手は既にあなたのことを意識しているかもしれませんので、復縁成就だけが恋愛ではないという点を再認識し、辛い決断かもしれませんが、ある時点で見切りをつける勇気も必要なのです。

 

そんな判断に至ったタイミングで、元カレや元カノから復縁をにおわせるようなアプローチが来るケースも往々にありますが、そこは振り返らずに新たな恋にチャレンジするのが良いでしょう。

 

≪その他オススメの復縁コラム記事≫
もう潮時?復縁を諦めるタイミングとは?
復縁する気がない元カレをその気にさせる復縁テクニック

 

▼復縁コラム記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける