復縁占い

復縁の方法やアプローチのしかたを占うオススメ占術3選

復縁の方法やアプローチのしかたを占うオススメ占術3選

 

復縁オススメ占術その1~星占い(西洋占星術・ホロスコープ占い)

「復縁したいけど、どうしたらいいか分からない……」
「今元カレにメールしたら復縁できるかな。ヨリを戻したいなら今すぐ動いたほうがいい?それとも時間を置いたほうがいい?」

 

悩ましいですよね。

 

すぐにヨリを戻せるなら誰も悩んだりはしません。復縁をしたいと思っている方のほとんどが、どうしていいか分からず友だちに相談したり、一人で思いつめたり……。思い悩んだ末に、復縁に効果的とは言いがたい行動を取ってしまうのも事実なんです。

 

そんなとき、復縁の方法はもちろん、元恋人の状況に合わせたアピールやアプローチの仕方について、占いは心強い味方になってくれますよ。今日はそんな復縁におススメの占いについてご紹介していきますが、まずひとつめは星占いについてです。

 

実は、占いの多くは生年月日を元にしています。中でも、星占い、ホロスコープを用いての西洋占星術は、その精度や的中率の高さから、復縁占いでも驚異の的中率を誇っています。

 

また、占い師のオリジナルの手法であっても、実際には西洋占星術を元にし、占い師の独自の解釈や別の要素を加えているなど、占いの基礎の部分にあたるといえます。西洋占星術を極めた占い師は、占って欲しい人の生年月日、時間さえ分かれば人生に起きることをズバリと当ててしまう、と言っても過言ではありません。

 

復縁占いでも、なぜ破局してしまったかを、星の動きや本人の持っている星の配置との相関関係から読み解き、原因を探ることはもちろんのこと、復縁のためにベストなタイミング、方法、注意点、また、アプローチの仕方を細かく教えてくれることでしょう。

 

西洋占星術は相手の生年月日のほかに、出生時間、出生地が必要になります。ご自分はさておき、恋人の出生時間を知っている方は中々いないかもしれませんね。でも、生年月日と出生地はホロスコープの肝ともいえるハウス、また恋愛占いでは特に重要な「月」の度数を出すのに必要なんです。

 

出生時間と、出世位置で分かること

 

・アセンダント(生まれた時の東の地平線、自分自身をあらわす)
・ディセンダント(生まれた時の西の地平線、相手との関係性をあらわす)
・MC(ホロスコープの最も高い頂点、社会的な到達点となる10ハウス)
・IC(ホロスコープの最も低い位置、家族やベースとなる環境をあらわす第4ハウス)

 

熟練の占い師は出生時間が分からなくても、ハウスや月の角度に頼らない他の方法で占えます。また、占う相手の人となりを知っている方、つまりあなたにリサーチして出生時間を推測することもできます。ですが、別料金の場合や、時間もかかることになりますし、正確であるとは限りません。

 

西洋占星術は復縁占いでも非常に強力な占い方法ですが、この出生時間と出生地があるのとないのとでは精度にかなりの違いがあるというのが弱点と言えます。

 

ホロスコープ占いは、過去記事「最も運気の強い星座は?ホロスコープで導く2月以降の復縁運」でも詳しくお伝えしているので参考にしてみてくださいね。

 

 

復縁オススメ占術その2~四柱推命

西洋の星占いが西洋占星術なら、東洋のそれは四柱推命と言えるでしょう。

 

元カレや元カノの今の気持ちや抱えている問題、あなたの持っている基本的な恋愛運、結婚相手に向く相性などが分かる他、二人が上手くいかなかったのは何が問題になっていたのかなどが分かるんです。

 

さらに、西洋占星術とはまったく違った方法で、相性や運命を細かく導き出し、かつ、陰陽五行などの東洋哲学を取り入れた相性や関係性の洞察は、占いの域を超えた生き方や処世術の教訓になるものです。

 

当サイト、「元カレの本音が聞きたい!四柱推命で復縁に導こう」にてご紹介しているように、陰陽五行は復縁したい方にとっても重要となってくる、

 

「復縁したいとき、もしくは復縁した後、どのように接していけばうまくいくか」

 

といった相手と自分の性質からのアプローチは非常に役立ちます。

 

四柱推命は西洋占星術と同じように出生時間が必要ですが、四柱推命の元となった算命学には必要ありません。算命学は古代中国で生まれ、軍事的な目的でも使われている理論的な占いですが、日本ではまだ知名度が低い占い方法。今後、優れた占術家が出てくれば、復縁占いでも活躍していくかもしれませんね。

 

▼関連リンク

算命学で復縁を叶えよう!2人の相性を導き出す占いとは?

 

 

復縁オススメ占術その3~タロット占い

以前「恋人と復縁したい!おすすめの占いベスト3」でもご紹介し、復縁占いでも絶大な支持を得ているのがタロット占い。

 

タロット占いの強みは、前述の西洋占星術や四柱推命のように出生時間はおろか、生年月日も必要ではないこと。

 

これは、

 

「復縁占いをしてもらいたいけど、元恋人の生年月日は分かっても生まれた時間を知らない」

 

という方には嬉しいですよね。

 

今はSNSでの出会いも増えてきていますから、恋人の生年月日はもちろん、出生地や本名すら知らないパターンもありえます。タロット占いは、そんな方にも最適な復縁占い。前情報がなかったとしても、タロットカードという強力なツールを使用し、占い師の卓越した感性で読み解かれた占い結果は、驚異的な的中率なんです。

 

また、タロット占いはスプレッド(カードの展開方法)によって、様々な出来事を細かく具体的に観ていくことができるため、復縁のための方法やアプローチの仕方について具体的に占うことが可能です。

 

たとえば、

 

「復縁を切り出すならメールよりも電話がよい」
「ラッキーシンボルは星、プラネタリウムなどに誘ってみてはどう?でも、しつこくするのは禁物」
「今は我慢の時、復縁したくても彼はそれどころじゃないみたい。連絡は逆効果」

 

など、はっきりとした答えを出してくれるんです。

 

オススメのスプレッドについては

 

▼過去記事
脅威の的中率?!タロット占いで導く復縁成就の秘訣
ヘキサグラムスプレッドを使ったタロット占いと復縁への活用方法

 

も参考にしてみてくださいね!

 

そんなタロット占いの弱点は占い師の力量です。西洋占星術や四柱推命などは統計を元にした占いですが、タロット占いはカードの持つ意味をどう受け取るか、占い師のインスピレーションに左右される部分が多いため、占い師の感性や力量が占い結果に大きく反映されるんです。そのため、本当にあたるタロット占い師を探すことが大切。ネットでの口コミなどを参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

復縁占いにぴったりの、きめ細かく占える占術を3つご紹介しました。

復縁方法やアプローチはカップルの数だけある、と言っても過言ではありません。

あなたと元恋人にぴったりの方法が見つかるよう、心よりお祈りしております。

 

▼復縁占い記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける