LINEでのやり取り

LINEでの脈ありサインはコレ!復縁サインを見逃さないLINEの心得

会えないからこそ大事!LINEのやり取りが復縁への鍵

恋人同士が別れたあと、ほとんどの場合は二人で会って話すことはなくなります。
しかしLINEなら、よっぽど酷い別れ方や一方的な別れでない限り、連絡先を消去したりブロックしたりすることは少なく、連絡を取ることは可能です。

 

そのため、復縁を目指す人にとって、

 

いかにLINEを活用するかが復縁の第一歩

 

と言っても過言ではありません。

 

しかし、別れた二人のLINEのやり取りは、なかなか気を遣うもの。
既読は付いても返信が遅かったりと距離感は掴みにくく、復縁を焦るあまりに一方的に連投してしまったりすることもあるでしょう。
さらには、

 

相手のサインに気づけないことも…。

 

もしあなたが本気で復縁したいなら、少し冷静になって、元恋人とのLINEを客観視できるようにならなければなりません。

 

なお、気軽にLINEができるくらい良好な関係なのであれば、復縁の可能性は大いにあります。しかし、せっかく相手からポジティブなサインが出ているのに、それに気付かなかったらもったいない!

 

今回は、そんな別れた相手とのLINEのやり取りの中で、絶対に見逃してはいけない脈ありサインの心得について詳しくお伝えしていきます。
これらを参考に、大好きな元恋人との復縁を成就させましょう。

 

▼関連記事
「復縁したいサインってどんなものがあるの?」みんな気になる復縁あるある

 

絶対に見逃すな!脈ありラインの具体例と相手の心理

 

さて、脈ありサインとは、どういったものなのでしょうか。
ここではLINEのよくある脈ありサインについて見ていきましょう。

 

1.誕生日に連絡が来る

 

元恋人のことを忘れられない、まだ好きという気持ちが残っている場合、相手の誕生日を迎えるたび、「連絡したい」という気持ちが高まります。
二人にとってのイベントだったので、遊園地に行ったり豪華なディナーをしたりと、特に楽しかった思い出の日になっているのでしょう。

 

しかも長くお付き合いをしていたなら、何度も誕生日を共有していたことになります。
その場合はより深く記憶に刻まれ、当日になるとどうしても元恋人のことを思い出し、我慢できずに「おめでとう」の連絡を取ってしまうのです。

 

また、誕生日というのは連絡をするのに絶好の口実になります。
普段から気にはなってはいたけど、別れた手前なかなかLINEを送れない。そんな人にとっては、またとないチャンスが誕生日なのです。

 

2.個人的な悩みなどを相談してくる

 

相談事のLINEも脈あり度が高いと言えます。個人的な悩みや相談事は親友や家族、恋人など限られた人にすることが多く、さらに異性にすることはあまりありません。
にもかかわらず、別れた恋人に悩み相談のLINEを送るのは、彼(彼女)の中であなたが大事な存在だということでしょう。

 

個人的な悩みの相談でも「復縁したい」というサインとも言えますが、内容が自分の弱みを見せるようなものだった場合には、心を開いてくれている証拠。
すぐに復縁に結び付ける気はなくても、いつかはもう一度あなたとやり直したいと思っているはずです。

 

3.「最近どう?」などの近況を聞いてくる

 

復縁したいと思っている、あるいは元恋人のことが気になっている人が最も恐れているのは、相手に新しい恋人ができてしまうこと。そうなってしまうと、ますます復縁からは遠ざかります。
それだけは阻止したいけど、今は赤の他人。そんな人が唯一できることと言えば、元恋人の近況を把握することだけ。

 

「最近どう?」から始まり、世間話のような軽いLINEの会話から、まだフリーなのかを探っている可能性が高いです。ひとまず新しい恋人がいないことが分かれば、今後復縁を狙って作戦が立てられるからです
。新しい恋人ができていないと分かってほっとした雰囲気を感じたら、それは脈ありサインと思って間違いないでしょう。

 

また、こちらの近況を聞いてくるだけでなく、自分の近況報告をしてくる場合は、自分は今フリーだよ、関心をもってほしいというアピールなのかもしれません。

 

4.LINEの返信が速い・遅れた時には「ごめんね」の一言

 

シンプルにLINEの返信が早い場合、「相手のことが気になっている」or「復縁したいと思っている」可能性が高いです。
返信の速度は、人によって違うので、返信が速いからといって一概に「脈あり」との判断はできませんが、どうでも良い人への返信は後回しになりますし、元恋人への返信なんて、その気がなければややこしくて面倒くさいだけ。

 

それが即レスなのは、少なくとも「仲良くいたい」という気持ちの表れなのです。
また、LINEの内容であなたを気遣っていたり、会話を続けようとしてくれているようであれば、脈ありの可能性が高いです。

 

とはいえ、仕事や用事などですぐに返信できないこともあるので、返信までに時間がかかってしまうこともあると思います。
そんな時に「返信遅れてごめんね」などの気遣いの言葉があれば、あなたのことを大切に思っているということです。

 

▼関連記事
「復縁を思わせてばかりの相手は見限るべき?」みんな気になる復縁あるある

 

脈アリでも油断禁物!焦らないことが復縁への近道

ここまで様々な復縁への脈ありサインを見てきましたが、これらのLINEがきたからと言って、すぐに「やり直そう!」などと復縁を持ちかけてはいけません。

 

脈ありサインかも!と思っても、

 

まずは他愛ない話や近況報告などで、会話のラリーを続けることが大事。

 

復縁したくとも相手の気持ちは分からないのはお互い様であり、元恋人は少し緊張しつつ、勇気を出してLINEを送ってきたのかもしれません。そんな時に

 

ガツガツと前のめりで復縁を迫られたら、何だか興ざめしてしまうことも…。

 

ですので、どんなに早く復縁したくても、

 

自然なやりとりの中で、あなたが好意的であることを伝えることが大切。

 

それが相手の安心と自信につながることでしょう。

 

そして、こちらからの気遣いも大事。元恋人がライン送ってきてくれたり、返信を早くしてくれることへのお礼をさりげなく伝えておきましょう。
ここまでくれば、復縁の可能性がグっと高まります。

 

いかがでしたか。
相手からLINEがきた場合は脈ありの可能性は高いですが、中にはただの暇つぶし…なんてこともありますので、相手の本音はどうなのかも考えてみるといいでしょう。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
復縁したい元カレや元カノへ会いたい気持ちを伝えるLINEテクニック
復縁はおろか、ブロックリスクさえある痛いLINEの復縁アプローチ

 

▼復縁メール・LINE記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける