復縁したい

復縁は絶望的?一度気持ちが冷めてしまった元恋人の心理状況を知ろう

恋愛感情が冷めるってどういう状態?

誰もが羨むほどラブラブな状態だったのに、突然「冷めたから別れよう」と振られたら、とてもショックでメンタルがズタズタになってしまいますよね。

 

恋愛感情が冷めたということは、気づかぬうちに何かしてしまったのか、傷つけてしまうような事を言ってしまったのではないかと考えてしまう人もいるかと思いますが、「気持ちが冷めた」と別れ話をしてきた相手の心理はどのような状況なのでしょうか?

 

そもそも恋愛感情が冷める原因としては

 

・相手の気持ちが重たく感じるようになった
・価値観の違い
・将来がイメージできない
・異性として見れなくなった
・仕事を優先したい
・他に好きな人ができた

 

などがあり、「愛情が冷めた」なんて言葉で別れようとする心理には、冷めたと言えばあなたが引き下がる、もめたくない、責められたくない、などと思っていたり、話し合いを避けたいという気持ちが隠れているのです。

 

もしかしたら、新たに好きな人ができたため、あなたを傷つけたくなく「冷めたから別れよう」と相手の優しい気持ちからでた言葉なのかもしれませんが、振られた時に

 

相手の気持ちをきちんと聞かなければ、相手の本心は分からないもの。

 

ですが、そんな状況でも今でも好き…という状態なら、無理に相手を諦めなくてもいいのではないでしょうか?

 

というもの、意外にも男性心理はとても変わりやすいので、冷却期間さえしっかりと設ければ復縁することだって夢ではないのです。

 

そこで今回は、そんな元恋人の心理状況をしるべく、別れた後の男性心理と愛情を取り戻すポイントについてお伝えしていきます。

 

▼関連記事
元カレと復縁したいなら男の心理を上手に活用しよう!

 

男性心理は変わるもの?!別れ直後と冷却期間後の心境の変化

 

あの人は大嫌い、顔を見るのも、声を聞くもの嫌…。
同じ空気を吸うのも嫌!

 

というように、一度嫌いになってしまうと、どんなことがあっても好意的に思えない場合もあります。

 

ですが、男性の場合には時間と共にある程度の所まで変化すると言われています。
なぜかと言うと、過去記事「▼復縁したい女性からの告白はアリ?! 告白される男性の心理とは?でも紹介しているように、男女の記憶のメカニズムにより

 

男性は楽しい思い出ばかり覚えており、女性は嫌だったことをいつまでも忘れない

 

と言われているのです。
もちろん、男性だって感情的になってしまった直後はイライラしますし、すぐには忘れることができませんが、女性に比べて感受性が弱いために嫌なことを深く考えずに回避してしまうのです。

 

そのため、「冷めたから別れよう」と振られたとしても、数か月後には大切な恋愛の思い出になっているケースが多く、そんなタイミングで再会のチャンスがあれば、難しく考えることなく復縁できることもあるのです。

 

▼関連記事
復縁したい男性の行動とは?復縁チャンスを占いで見極めよう!

 

冷めた愛情を取り戻すポイント

では、どのようにしたら元カレの心を取り戻すことができるのでしょうか?
先ほどからお伝えしているように男性心理は

 

時間が解決してくれることがポイント

 

となります。
「愛情が冷めた」なんて言葉で別れようとする心理には、話し合いを避けたいという気持ちが隠れているので、別れ直後に連絡しても、お互いの温度差が増していくばかりになってしまうので、どんなに切なくて寂しくても

 

決して相手に連絡を取るようなことはしてはいけません。

 

冷却期間については、過去記事「▼「冷却期間ってどれくらい設ければいい?」みんな気になる復縁あるある」でも紹介してますが、

 

振られた場合には最低でも3ヶ月

 

は空白の時間を作りましょう。その冷却期間中には、

 

なぜ相手の心が冷めてしまったのか?
自分の至らない点はどこなのか?

 

というように分析してみることが大切です。

 

あとは、久々に連絡をとるためのネタ作りとして趣味を楽しんだり、仕事に打ち込んでみてください。
あなたが以前よりキラキラと輝いているように感じられるために、ただ時間だけが過ぎるのを待つのではなく、何かしら努力してくださいね。

 

そうすればきっと、「あれ?なんか雰囲気変わったね!」と好感をもってもらえ、「また付き合おう!」と言ってもらえるかもしれませんよ。

 

≪復縁したい・関連記事≫
復縁したい気持ちを伝える手段は何が最適?!
復縁したい女性からの告白はアリ?! 告白される男性の心理とは?

 

▼復縁したい記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける