復縁占い

正位置・逆位置で復縁の行方は?愚者のカードをポジティブに捉えよう

正位置・逆位置で復縁の行方は?愚者のカードをポジティブに捉えよう

ネガティブな印象を受ける愚者(The Fool)のカードが示すもの

22枚の大アルカナカードのうち、一番最初のカードとなる愚者(The Fool)のカードは、そのネーミングから「愚か者」を想像しやすく、何かとネガティブな印象を受けやすいという特徴があります。

 

愚者のカードの絵柄を見ますと、楽観的そうな若者が、右手にちょっとした荷物、左手に白いバラを手に、崖の上で天を仰いでいる様が描かれております。右下には白い犬が描かれており、一見この若者に帯同する犬のように見えますが、この若者に対して崖から落ちないように注意を促している構図になっています。

 

この絵柄が示す内容としては

 

・無計画な放浪の旅の開始
・自由気ままで無邪気な心
・自身の本能に従う
・犬(周りの人)の忠告

 

ポジティブに捉えると上記のようなことが読み取れますが、逆にネガティブな捉え方をすると

 

・無計画で備えがない
・落ち着きのない行動
・現実から逃げ出す
・忠告を聞かずに崖から落ちる(災難に見舞われる)

 

などを容易に想像することができます。

 

大アルカナでも最初のカードとなるこの愚者(The Fool)のカードは、

 

新たな展開や物事が開始する

 

ことを意味するカードとして位置づけられており、仕事運や恋愛運における正位置においては、全般的に良好で前向きなカードとして捉えられます。イメージ的にも新たな出発や、新展開というと何かと期待に胸を膨らませることができるポジティブな材料ではありますが、

 

復縁においては様々な捉え方ができる

 

ため、正位置であっても必ずしも望みどおりの結果を示唆する内容ではない場合があります。

 

今回は、そんな愚者(The Fool)のカードが示す意味合いや、取るべき行動などについて深く検証してみましょう。

 

▼関連記事
タロット占いにおける「死神」のカードの復縁の行方と捉え方

 

 

正位置と逆位置で運気は真逆の典型カード

 

22枚の大アルカナの最初(諸説あり)のカードとなる愚者(The Fool)は、「若者が自由気ままに本能のまま旅に出る」という構図を示していることで、正位置の配置では

 

期待・直感・変化・楽観的・可能性

 

などを示すポジティブなカードとして捉えることができます。
恋愛運や仕事運などのリーディングにおいては、

 

・新たな展開への期待や可能性
・直感的に判断が功を奏す

 

などとして、運気面では上昇傾向にあると判断できます。

 

一方、復縁というセクションに限定した場合

 

新たな展開:元カレ・元カノへの想いを断ち切って再出発

 

と捉えることもできるので、必ずしも復縁が成就するという結果を示唆するものではないかもしれません。この辺は捉え方次第かもしれませんが、あなたにとって何か最良の結果なのか?は、あなたの判断次第であり、復縁占いにおける愚者が示す意味合いは、

 

直感を信じることで自身にとって望む結果をもたらしてくれる

 

と捉えるのがベストでしょう。

 

一方、逆位置の場合の捉え方はまったく逆となり、

 

無謀・軽率・失敗・逃亡・無責任

 

などを示すこととなり、すべてにおいてネガティブな運気に支配されます。自由奔放とは、裏を返せば無責任であったり、無謀であったり、現実からの逃亡とも捉えることができるので、リーディングの際に愚者が逆位置で配置されるようであれば

 

・軽率で無謀な行動を慎む
・今の自分の直感はあてにならない
・目の前の問題から目を背けない

 

ということを肝に銘じておく必要があります。

 

▼関連記事
復縁にとっては凶報の知らせ?!タロットでの悪魔カードとは

 

 

本能のままの思いつき行動が吉となる場合も?!

これらのように、愚者においては正位置と逆位置での判断が真逆になる典型的なカードと言えますが、13番目の死神(The Death)と同様にカードの右上に

 

太陽が描かれている点
(マルセイユ版カードにはなし)

 

に注目すると、必ずしもネガティブな要素だけではないということを捉えることができます。死神(The Death)のカードも、祈りをささげた司祭や子供たちは、死神の刑に処されず川向こうの太陽の位置へ渡ることができる(復活)ことを示唆していますので、カードに示される太陽は吉兆への道筋でもあるのです。

 

カードの絵柄から捉えることができる内容としては、「自分自身の思うがまま直感で進むも良いが、時には人の意見も聞かないと痛い目に遭う」と捉えることができます。正位置での捉え方は、総じてポジティブではありますが、

 

常にリスクはつきもの

 

という点を忘れないように行動することを心掛ける必要があります。

 

復縁占いからは若干脱線しますが、例えばタイミングを推し量るようなリーディングにおいて愚者が正位置で配置された場合は、新たな展開を期待できることで、今がそのベストタイミングとして捉えることができます。海外留学へ行くタイミングに悩んでいる時などは、まさにそれに当てはまるでしょう。

 

これらのように、愚者(The Fool)のカードは

 

・自身の直感が奏功する
・行動を起こすタイミングのきっかけ
・新たな展開への期待

 

などを示した前向きなカードではありますので、何事もポジティブに捉え、復縁のアプローチを直感的に信じることで、

 

自身が望む結果を自分の手で掴み取る

 

くらいの気持ちを持ち続けるようにしましょう。

 

≪その他オススメの復縁占い≫
復縁占いには縁起の良いタロットカードの種類と捉え方
復縁運をたぐり寄せる運気アップのタロットカード・大アルカナ編

 

▼復縁占い記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける