送信時間・タイミング

気になる度抜群!LINEでの復縁切り出しタイミングと告白文例集

LINEでも願いは伝わる?復縁の意思表示はタイミングと内容次第!

元カレや元カノと再びLINEができるようになった!

 

友達関係からの再出発と言えど、復縁を願う人からすれば、元恋人とLINEでのやり取りが復活できただけでも大きな前進であり、その後のやり取り次第では、

 

恋人関係としてさらに親密な関係も・・・?

 

といった期待感が膨らむのが本音。

 

もちろん、別れてしまった経緯にもより、喧嘩別れや一方の浮気などでの離別の場合、LINEがブロックされたり、友だち削除されたりと、連絡の手段を完全に絶たれてしまうケースが多いのですが、それ以外の場合でLINEでのやり取りが復活したとなると

 

ある程度復縁できる可能性がある

 

というのも事実です。

 

あなた自身が復縁したいと願うばかりではなく、もしかしたら別れてしまった相手もあなたのことを気にかけているかもしれませんので、勇気を持って復縁したい意思を切り出すことで、一気に距離が縮まる可能性も決して低くないのです。

 

いやいや、さすがにLINEが復活しただけで復縁を切り出すのは早すぎでしょ?!

 

と警戒する人も多いですし、実際にそうでないケースもあるかもしれませんが、LINEでのメッセージは、相手の心情に直接投げ掛けられるツールではないため、いくら綺麗ごとを並べても、あまり響かない傾向にあります。

 

だったら早めのアプローチで直接会って気持ちを伝えるべき!

 

世の中的にはコロナ禍で直接会ったり、一緒に食事に行ったりするのが難しい状況ではありますが、これまでの記事でもご紹介してきたとおり

 

・そもそも興味ない相手ならLINEを復活させない。
・LINEを復活させてくれたことに感謝を意を示す。
・今後どのような関係にしたいかを明確にする。

 

ということは、復縁アプローチにとって非常に重要なことで、他の異性にも同時進行で親密な関係を築こうとしたり、そもそも復縁したい相手との将来的なビジョンが見えていないと相手に見透かされてしまい、復縁成就どころか再び既読無視などの辛い状況に陥ってしまいますので、

 

しっかりと復縁のプロセスと道筋を立てておく必要

 

があります。
そこで今回は、そんなLINEでの復縁の切り出しタイミングと、元カレや元カノに直接会うためのきっかけ作りとなるLINE送信メッセージ文例をご紹介していきます。

 

LINEだからといって気持ちが伝わらない訳ではありませんが、しっかりと道筋を立てて復縁成就の成功率を高めるようにしましょう!

 

▼関連記事
「うざい」と感じさせない復縁メール・LINEのテクニック

 

ここさえ見極めれば大丈夫!復縁意思を伝える告白タイミング例

早速ですが、まずは復縁を切り出すタイミングについて見ていきましょう。

 

タイミングというと何だか難しそう・・・という印象があるかもしれませんが、以下でご紹介する3つのポイントを意識してLINEでアプローチしてみましょう。
LINEの内容や二人の関係性の変化など、しっかりポイントを押さえていれば見逃すことはないはずです。

 

1、気軽にやり取りできる友達関係に戻れたタイミング

 

元々、友達や共通のグループから付き合い始めたというカップルなら、その当時に戻ったという感覚でやり取りするのがベスト。
もちろん、どの程度冷却期間を経ているかなどの要因もありますが、友達関係に戻れている時点で、二人の信頼関係は戻りつつあるので、復縁の意思表示という次のステップに進んでも失敗しにくい傾向にあります。

 

ただし、元カレや元カノにはその意思がまだないかもしれませんので、くれぐれも焦りは禁物。
しかし、その時点では復縁を断られたとしても、

 

せっかく戻った友達関係が崩れてしまう訳ではない

 

ので、じっくりと時間をかけて距離を縮めることを心がけ、誠意ある対応を継続しましょう。

 

2、あなたに関する質問が増えたとき

 

実は、最もわかりやすい復縁タイミングとして「あなた自身に関する質問が増えた時」が挙げられます。

 

友達として復縁できた直後は、相手からの返信が何となくぎこちなかったりすることがありますが、徐々にそのぎこちなさが取れ、深く踏み込める距離感になってくると復縁の意思表示が効果的に伝わりやすくなる傾向にあります。

 

友達として関係が戻った直後に「復縁したい」と言っても、相手の警戒心は払拭できませんが、ある程度距離が縮まった段階で「復縁したい」と伝えれば、きっと相手にもその気持ちが伝わるはず。

 

・今、仕事忙しいの?
・今、好きな人はいないの?
・今度の休みはいつ?

 

などと質問的なやり取りが増えてくるようなら、それは元カレや元カノとの心の距離が縮まったサインとして捉え、復縁したい気持ちを伝えるタイミングのひとつとして判断しても良いでしょう。

 

その他にも、LINEでのやり取りに応じたベストタイミングは数多くありますが、そのタイミングだけ捉えても、肝心のLINEで送るメッセージに

 

中身がないと相手にはまったく刺さりません。

 

送るメッセージの内容もしっかりと相手のことを考え、せっかく訪れた復縁できるチャンスをモノにできるような告白文をあらかじめ準備しておくと良いかもしれません。

 

▼関連記事
復縁はおろか、ブロックリスクさえある痛いLINEの復縁アプローチ

 

思わずグッとくる!秀逸なLINE告白メッセージ文例集

「ここだ!」というタイミングが来たら、いよいよ復縁したい!という告白のLINEを送ります。メッセージの内容は基本的に

 

「謝罪と感謝+あなたの気持ち+復縁の提案」

 

となりますが、既に友達関係としてでも関係改善しているようであれば、謝罪は不要な場合もあります。
元カレや元カノからしても、何度も謝られても困るというケースも多いので、過去を振り返って謝罪を繰り返すより

 

この先、大切にしてくれるのか?

 

ということがしっかりと伝わるメッセージを心掛けるようにしましょう。

単に「恋人としてやり直そう!」だけでは何も伝わりません。
既に何らかの理由で一度別れていて、マイナススタートからようやくゼロ地点まで取り戻せた訳ですので、最後の詰めまで気を抜かないよう、メッセージの一語一句をしっかりとチェックしましょう。

 

ここでは、相手に復縁の意思がしっかりと伝わるLINE文例を幾つかご紹介します。

 

≪感謝の気持ちを伝える文例≫
・いつもそばにいて大事にしてくれてたよね。本当にありがとう
・別れてからあなたの存在がいかに大きかったか分かった。ありがとね。
・友達として付き合うなかで、いつも心の支えになってくれてた。

 

≪自身の気持ちを伝える文例≫
・もっと一緒にいたいと想う気持ちが大きくなった。
・別れてから、別れた事をずっと後悔してた。
・もう一度だけ付き合うチャンスが欲しい。

 

≪復縁の意思を伝える文例≫
・できればゆっくりと元の関係を取り戻していきたい!
・以前の失敗を糧に、これまで以上に○○を大切にしたい!
・友達以上に仲良しの関係を続けていきたい!

 

などなど・・・
ここでのポイントは、感謝の気持ちであれ、復縁の意思表示であれ

 

他人を引き合いに出さないことが重要!

 

やっぱり○○がいいとか、〇〇しかいないといった表現は、

 

誰と比較してるの?
別れていたあいだに何人と付き合ったの?

 

といった不信感を招きやすいので、自分自身の感情や気持ちだけを正直にぶつけた方が、相手にとっても妙な勘ぐりをせずに気持ちを受け止めてもらえるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

復縁を切り出すタイミングは、実はとても理論的で分かりやすいのかもしれませんが、タイミングだけで成就できるほど、復縁は単純ではありませんので、しっかりと誠意ある行動を心掛けるようにしてください。

 

▼関連記事
成功の秘訣は素直さと誠実さ!LINEで切り出す復縁アプローチ

 

▼復縁メール・LINE記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける