復縁メール・LINE

LINEのやり取りが続かないのはなぜ?元カレとLINEを続ける方法

LINEのやり取りが続かないのはなぜ?元カレとLINEを続ける方法

復縁したい→LINEでアプローチ→会話が続かない

別れてしまった元カレのことがどうしても忘れられない・・・

 

復縁を考えた時に最初に起こすアクションとしては、

 

LINEなどでコンタクトを取る

 

という流れが定番です。
もちろん、一定の冷却期間を経て「元気にしてる?」といった感じのアプローチから入って、相手の反応を見極める必要がありますが、実際にLINEを送るだけでもとても勇気がいることで、さらには「既読しなかったらどうしよう」とか

 

既読無視になったらどうしよう

 

といった不安もよぎり、何かとコンタクトを取る妨げになるのも事実です。

 

仮に返信があったとしても、一言・二言の返信のみで話が終わってしまうようだと、ますます「復縁したい」という気持ちが挫けそうになってしまいますが、それはきっとあなたが

 

想像以上の返信を期待しすぎているから

 

とも言えるのです。
元カレからすれば、いきなり連絡が来て戸惑っているかもしれませんし、そもそも返信内容に困るようなLINEを送っているケースも少なくありません。また男性のLINEのやり取りは、女性のそれとは異なり、常にそっけないやり取りをするタイプもおりますので、変にネガティブに捉える必要もないのです。

 

仮に会話が続かないようであっても、

 

必ずしも元カレに復縁願望がないという訳ではない

 

ので、あなた自身で会話が盛り上がるような話題を提供したり、会話が続くような努力をしてみると良いでしょう。

 

今回の記事では、そんな会話が続かない場合の復縁アプローチについてご紹介していきます。

 

 

そもそも返信がないのか?、返信がそっけないのか?

LINEにおいては、既読・未読が判別できるので、そもそも何日経っても既読にならない場合は、既にブロックされてしまっている可能性があります。本当にスマホが見れない状況にあるかもしれませんが、現代社会においてその可能性は限りなく低いと考えておいた方が良いかもしれません。

 

過去記事「元カレのへLINE既読がつかない…未読無視が意味することとは?」でもご紹介しているように、そもそも既読にならない場合は、もうコンタクトを取る手段がありませんので、

 

友達関係としても復縁は難しい

 

かもしれませんが、既読になるようであればすぐに返信がなくてもチャンスは残っています。仮に数日間返信がなかったとしても、返信を促すようなメッセージを再送するのは絶対的にNG。

 

現時点では、元カレにおける

 

あなたへの返信の重要度が低いのは明らか

 

ではありますが、その重要度をさらに下げてしまう恐れがある返信督促は、くれぐれもしない方が良いでしょう。最悪、ブロックされて二度と連絡が取れなくなってしまう恐れもあります。

 

一方、「そっけない返事」については、元カレの現状や心理状態などが分からない状況においては何とも言えない状況です。そもそも、目的のないようなメッセージを送っても、元カレ含め男性の多くは、そこから話を広げようとは思わないもの。

 

仮に元カレに復縁願望があるのが明らかであれば、あなたからのメッセージにも積極的に返信してきますし、会話が途切れてしまうこともないでしょうが、会話が続かないとなると、

 

現時点で復縁を匂わせても効果薄

 

自分自身の気持ちを押し付けるのではなく、現時点での元カレの状況を把握して、友達関係として距離を縮めることに専念するのが無難でしょう。

 

▼関連記事
LINEの返事がそっけない?!冷たい態度の心理と復縁の行方

 

 

LINEでのNGメッセージを今一度確認してみよう!

 

元カレからのLINEメッセージがそっけない背景には、元カレの心理状態などもありますが、じつは

 

あなたが送るメッセージに問題がある

 

場合も少なくありません。

 

過去記事「「うざい」と感じさせない復縁メール・LINEのテクニック」でもご紹介しておりますが、心理的に男女の関係を意識していないフラットな状態であれば、友達感覚として普通に返信してくるのが一般的です。

 

ただし、

 

・返答に困るような投げかけ
・明らかに復縁の意図が読み取れる内容
・さらには32文字以上の長文
・何が言いたいのか分からないメッセージの連投
・スタンプやアイコンの多用
・返信を強要するような内容

 

だったりすると、元カレとしても対応に困ってしまいます。
そこで、男性側として返信に困る典型的なメッセージ例を幾つかピックアップしてみましたので、自分が送っている内容を今一度確認してみると良いでしょう。

 

≪返信に困るLINEメッセージ例≫
・おはよう!とか、おやすみなどの挨拶系メッセージ
・仕事終わったらLINEして~、といった強要系メッセージ
・今日は天気が良かったから○○してた~といった報告系メッセージ
・こんなニュース出てた!と言ってURLだけを送ってくるメッセージ
など

 

もちろん性格によって個人差こそありますが、基本的には

 

「だからなに?」

 

っと思ってしまうようなメッセージは、そっけない返信を招きますし、既読しなくてもトーク一覧画面でメッセージ内容が判断できてしまう短文は、未読になる可能性を高めてしまうのです。

 

スタンプのみや最後のメッセージがスタンプ

 

というメッセージパターンも同様です。

 

LINEにおいては、付き合っていた当時と同じような感覚でメッセージを送りがちですが、すでに分かれていて、あなたが復縁したいと強く思っているようであれば、初心に帰って送るメッセージの内容をしっかりと確認して、慎重にやりとりする必要があります。

 

そっけない返信や会話が途切れてしまうのは、元カレのせいではなく

 

あなたの送るメッセージの内容に問題があるのかもしれない

 

という自覚を持つようにしましょう。

 

≪その他オススメの復縁メール記事≫
元彼が返信したくなる復縁メールの内容とは
復縁メールの頻度はどのくらい?頻度で変わる復縁の可能性

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける