連絡・アプローチ

復縁は諦めるべき?LINEやDMの既読無視の様々なパターンと対応策

意外とダメージが大きい!LINEやDMの既読無視と復縁の行方

今や、付き合っているカップル同士ですら

 

互いの住所や電話番号を知らない

 

というケースも珍しくない現代の恋愛事情。
LINEやインスタでつながっていれば、電話番号も住所も知る必要はなく、適宜メッセージをやり取りできれば何ら支障はない、というのが実情です。
もちろん、スマホのバッテリー切れで連絡が取れなくなったり、スマホ自体失くしてしまったりすると、それはそれで致命傷にはなりますが、いざとなれば

 

別の端末でSNSにログインしてDMを送る

 

といった連絡手段は残されているので、そういう意味ではスマホだけあれば電話番号も住所も知る必要はないのかもしれません。

 

ただ、何事も支障なく過ごせるのは互いに好き同士で付き合っている間だけ。

 

何かのきっかけで別れてしまったりすると、元カレや元カノの情報を削除すべきか残しておくべきか?という問題に直面しますし、SNSなどは自身のアカウントを削除する訳にもいきませんので、結局

 

別れた相手といつまでも繋がり続けなければならない

 

という状況になるのです。

 

復縁したい側からすれば、何とかして連絡が取りたい、元カレや元カノから返信が欲しい、という気持ちが大きくなり、やがて知らず知らずに連絡の頻度が増えて、結局相手からブロックされてしまう・・・というケースも決して珍しくありません。
そして、ブロックされたり、既読無視で待ちぼうけさせれる側としては

 

意外と精神的なダメージが大きく

 

特に未読の場合はブロックされた可能性を疑うことができますが、既読無視については自分からのメッセージを読んだはずなのに、なぜ返信してくれないの?という気持ちが日増しに大きくなってしまうのです。

 

今回は、そんな既読無視状態の相手との復縁の可能性を模索すべく

 

既読無視となるパターンとその対処方法

 

についてフォーカスし、復縁の可能性の度合いと既読無視からのアプローチについてご紹介していきます。

 

・既読したのに返信がないのはなんで?
・また別のメッセージ送ってもいいの?
・既にブロックされていたらどうしよう・・・

 

そんなことで日々の生活が上の空とならないよう、そんな時の対応法をしっかりと認識して、復縁の可能性に賭けるべきか、はたまた新たな出会いに賭けるべきかを、自分自身で冷静に判断するようにしましょう!

 

▼関連記事
復縁はおろか、ブロックリスクさえある痛いLINEの復縁アプローチ

 

既読無視に至るまでの行動パターンを考えてみよう

 

元カレや元カノにメッセージを送り、既読が付いたのにしばらく返信がない・・・
こうしたケースは、元恋人だけに限らず、友達間でも普通にあるお話です。

 

・メッセージは見たけどその時は忙しく返信できなかった
・返信するつもりだったけど、たまたま忘れてしまった
・メッセージを読んだけど、どう返信すべきか分からず放置した
・そもそもプッシュ通知を消すために文章読まずに既読した

 

これらのように、色々なケースが考えられますね!

 

付き合っていた当時から、あなたからのメッセージに対してはすぐに既読が付き、そして返信があったという性格の相手なら、既読無視はかなりショック・・・。
もしかすると、あなたからのアプローチに戸惑っているのかもしれませんが、

 

もう連絡してきて欲しくない

 

ということで、ブロックされた可能性もあるかもしれません。

 

一方、普段からなかなか既読が付かなかったり、既読が付いても返信がないような性格の相手であれば、そもそもブロックを設定するのも面倒な性格だったりするので、まだ連絡を取れる可能性は残しているかもしれません。

 

ただ、いずれの場合もすぐに返信が来ないという状況は

 

あなたの存在の重要度が低下している証

 

冷静に考えれば、元カレや元カノもあなたと復縁したいと考えているのであれば、即座に返信してくるのが一般的な考え方ではありますので、既に元カレや元カノの意識の中に、あなたの存在が薄れつつあると考えると、

 

目先的に復縁が成就する可能性は低い

 

というような分析ができるでしょう。
ただ、あなたが送ったメッセージに対して、内容をちゃんと読んでいるかは別としても、既読しているとなればまだ連絡が取れる状況だと考えることもできます。
既読すらつかない状態は、既にブロックされているか、ほかの人のメッセージに埋もれてしまっているため、何度メッセージを送っても状況は変わりにくいでしょう。

 

こうした場合は、復縁を諦めるという選択肢も考えなければなりません。

 

▼関連記事
成功の秘訣は素直さと誠実さ!LINEで切り出す復縁アプローチ

 

これだけはNG?!既読無視状態で取るべき復縁アプローチ

さて、実際に元カレや元カノにメッセージを送り、既読したのに返信がない場合

 

どのような対応を取れば良いのでしょうか?

 

これにはいくつかのアプローチがありますのでケース別に見ていきましょう

 

1、しばらく様子を見る
こちらは、相手の反応を見るうえで最もポピュラーな反応となります。
もちろん、この時点で復縁が成就する可能性は限りなく低く、元カレや元カノが本当に忙しくて返信できないのか?、たまたま忘れていたのか?といった物理的な要因を探るための期間となります。
1ヶ月程度様子をみて、それでも返信がなければ、2番の対応を試してみると良いでしょう。

 

2、再度メッセージを送ってみて既読になるか試す
最初のメッセージ送信から2週間~1ヶ月程度の間を空け、再度送信してみても良いでしょう。
この時に送信するメッセージは、あくまでブロックされているか、されていないかの確認が目的となりますので、メッセージの内容は当たり障りのない内容に留めるのが無難。復縁を匂わせるのではなく「元気にしてる?」くらいのフランクな内容がベスト。
くれぐれも「前回メッセージ送ったのに何で返信して来ないの?」的なニュアンスを含めてはなりません。高い確率でブロックされてしまいます。

 

3、半ば復縁を諦める
1ヶ月以上返信がなく、再度メッセージを送っても既読にすらならない状態であれば、復縁できる可能性はほぼありません。
既にブロックされているか、プッシュ通知時点であなたからのメッセージを認識し、意図的に無視している状態です。
何度かメッセージを送っても相手からの反応は得られない可能性が高く、新たな出会いや恋愛に向かった方が良い状態です。

 

いずれのパターンも、現実的には無視されている状態であることは変わりません。
さらにその不利な状況、マイナスな状況にあるのにも関わらず、元カレや元カノに対して

 

・何で返信してくれないの?
・既読無視なんてヒドイ
・とにかく連絡してほしい

 

といった内容を送ってしまうのが一番NGなパターン

 

相手に何かを強要するという行動が一番ブロックされる原因となってしまいます。
復縁したいと考えているあなたの気持ちや焦る心理も理解できますが、元カレや元カノがボールを持っている状態。つまり、あなたにボールを投げ返すかどうかは、

 

元カレや元カノ次第なのです

 

こうした相手からの返信待ち状態は、精神的にも不安定になりやすく長期化するほど疲弊してしまう傾向にあります。
せっかくの人生の時間を無駄にしないためにも、時には勇気を持って、新たな恋愛に進むという決断も必要な時があるかもしれません。

 

▼関連記事
別れた直後にLINEは読んでもらえる?男女で違う恋愛心理

 

≪復縁メールに関するオススメ記事タグ≫

LINEに関する記事一覧
SNSに関する記事一覧

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける