LINEでのやり取り

毎日LINEをしてくる元カレの本当の気持ちとは?

毎日LINEをしてくる元カレの本当の気持ちとは?

頻繁に連絡してくる、その意図は?

別れた元カレや元カノから、連日のようにLINEが来るケースは珍しくありません。

 

別れた彼が毎日LINEをしてくる
一体どんな気持ちで連絡してくるの?

 

と、考えてしまいますよね。

 

あなたが復縁を望んでいる場合には「やっぱり私のことが好きなんじゃ?」と思ってしまうかもしれませんが、相手の真意が分らない以上は安易に連絡を取り合うものではありません。

別れたにもかかわらず、

 

毎日LINEを送ってくる元カレの気持ちは本当のところどうなの?

 

という点にフォーカスして解説していきます。

 

毎日連絡してくるパターン

ここでは、いくつかの連絡パターンを例に挙げながら相手の思惑や真意を確かめるようにしましょう。

 

【復縁を望んでいるパターン】
一旦は別れたものの、本心ではなく元カレが復縁を望んでいる!、という場合は、相手は復縁のきっかけを探しています。
別れる前と同じようなLINEを送りつつ、どうやって切り出したらいいだろう???と様子を窺っている状態です。

 

自分自身が元カレとの復縁を望むなら、徐々にでも連絡を取り合って復縁を前提とした付き合いを再開しましょう。

 

【自分の事を認めてほしいパターン】
自分が振った相手、振られた相手に、自分の存在を知らせ「俺はこんなに頑張っているんだ」と、認めてほしいという承認欲求から連絡してくるパターン。
この場合は「営業成績絵で社内ナンバー2になった」「上司に褒められた」など自分語りが長く、一方的なのが特徴です。

 

こういうパターンは、復縁相手としてふさわしくないケースが多く、自分語りを聞いてもらえれば誰でもよいという傾向にあります。
仮に自分が復縁したいと考えていたとしても慎重にならざるを得ません。

 

【元カノがどういう状況か知りたいパターン】
別れた相手の状況を知っておきたい、自分の状況によってはまた復縁してもいい時が来るかもしれない、というあまり主体性のない心理です。
こちらが話している内容に適当に相槌を打ってきますが、相手の本音としては復縁の意思はそれほどないため、連絡が来ること自体に何も期待が持てない状況です。

 

【話し相手がほかにいないパターン】
このパターンが実は多いんです。前に付き合っていたんだから多少の甘えは許されるだろうと思っており、特に気持ちがないにもかかわらず「話を聞いてほしい」という幼稚な考えです。
復縁を望んでいるならまだしも、その気がない場合は返事を返さないようにしましょう。

 

【いざと言う時のための保険のパターン】
要注意の男性と言ってもいいでしょう。他にもあなたと同じような状況に陥っている女性がいる可能性があります。
誠意のないタイプで、女性を繋ぎとめておくために連絡をしているというパターンです。
それを見極めるためには多少の時間が必要かもしれませんが、自分が復縁したいと思っている状況だと、いいように使われてしまうので、自分から積極的に返信をしないよう様子をみましょう。

 

彼の心理を見抜く方法

一つ確実な方法は、あなたからの「連絡を断ってみる」ということです。

 

相手があなたを復縁したい相手として今も大切に思っているなら、向こうから何かしらのアクションをしてくるでしょう。どうでもいい相手なら、そのままフェードアウトしていきます。
もし、あなたからの返信が急に来なくなって、あなたとやり直したいと言う気持ちを持っているなら、向こうからなんらかのアクションを起こしてくるはずです。

 

もう一つ、相手がだらだらと世間話をしていて、単に暇つぶしの相手にされているのか分からない場合は、「最近アプローチされてるんだ」と思わせメッセージをするのも手です。
元カレが、「どんな奴なのか、どんな仕事しているのか」など突っ込んでくるようなら、あなたへの未練があるということになります。

 

ここで「気になる人がいる」と言ってしまうと、男性はプライドが高い上に傷つくのを恐れるので、引いてしまう場合も。

 

いかがですか?
別れた相手から毎日LINEが届くことは珍しいことではありません。ですが、毎日送ってくるにはあなたに対して気持ちがあるとは限りませんので、それをよく踏まえて行動することが大切です。
相手の心理を見抜いて、あなたに対する本当の想いだと確認出来たら、復縁への第一歩を踏み出しましょう。

 
 

≪その他のオススメ復縁コラム≫
結婚する気のない元カレとの復縁はあり?なし?
飲み過ぎ注意!復縁前に彼とお酒を飲む時の注意

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

 

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける