復縁コラム

復縁に執着しすぎる自身の心理状態と復縁成就の関係性

復縁に執着しすぎる自身の心理状態と復縁成就の関係性

復縁に執着してしまう心理の原因とは…愛情?それとも執着心?

別れた相手のことばかり考え、相手を忘れることができずに、いつまでも悩んでいることはありませんか。一度恋した相手を忘れることは難しいものですが、もしかしたらその気持ちは執着してしまっている状態なのかもしれません。

 

執着とは、一つのことに捉われてしまい、そこから離れられないマイナスな心理状態を意味します。

 

そのため復縁に執着している場合は、本当に相手を愛しているのではなく、1人になりたくない気持ちが大きかったりします。いつも一緒にいた相手を失うことは寂しいことですし、不安にもなるかもしれません。

 

「彼のような人はもういない…あんな素敵な恋はもうできない」

 

というような気持ちもただの執着心が原因で、冷静に相手のことを考えたら

 

「彼を失いたくないのではなく、彼の学歴や肩書などを失いたくないだけ」

 

なのかもしれません。

 

たとえばこのような相手のステータスへの執着は、実は自分自身の理想の人生が原因だったりするもので、必ずしも彼である必要はない場合もあるんです。そのため、復縁するなら相手に対して何を期待しているのか考えることが大切です。

 

なぜ復縁したいのかを冷静に考えることができれば、それが本当の愛か否かはわかってくるもの。もし、復縁への執着が愛ではないのなら、復縁は諦めた方があなたのためになるでしょう。

 

もちろん、恋をしたら執着したくなるのは当然。ですが、「この人がいなければ…」というような依存する人生はあなたにとって良いことではありませんので、そのような執着による思い込みは捨てて、共に幸せになれるような関係を築きましょう。

 

 

元カレ・元カノに執着する人の共通点

さて、復縁に執着してしまう原因がつかめた方もいらっしゃると思いますが、ここでは執着しやすい人の共通点を見ていきましょう。

 

・視野が狭い
執着心が強い人は、狭い世界で生きてきたり、固定観念が強かったりと視野が狭い傾向にあります。そのため、自分の考えや感情がすべて正しいと思っており、何かあれば相手のせいにしてしまいます。交友関係も狭く、自分から交友関係を広げようとすることもありません。

 

・何かを失いたくないという気持ちが強い
物事に対して失うことを非常に恐れています。物を捨てることや人間関係を失うことに強い抵抗があります。そのため、相手を束縛したり、依存してしまうことも…。大切な何かを失った経験がきっかけとなり、失うことに対して強い不安を抱いてしまう傾向があります。

 

・自分に自信がない
自分に自信がない場合や自己肯定感の低いタイプは執着心が強く、心を開いてくれた相手に対して依存してしまう傾向があります。周りに認められなかったり、うまく表現できなかったりして自信を失ってしまい、誰かと繋がっていることで自分自身を保っており、人と一緒にいたり連絡を取り合ったりすることで、自分の存在を確認しています。

 

・人を信用していない
相手のことを束縛してしまう人も多いのですが、実は相手を信用していないから起きてしまう現象。恋人ならば相手のことが気になるのも当然なのですが、「友達と飲みに行ってくる」と言われた時に、「友だちは異性?浮気されているのかも…」と不信感を抱くのは、相手を信用していない証拠です。

 

この他にも執着してしまう特徴はありますが、

 

執着心があればあるほど、復縁成就の可能性は低くなるもの…。

 

と言うのも、執着心は自分本位の考え方が強いために、相手のことを考えられない状態が多く、仮に再び仲良くなってもあなたの些細な言動などが原因で別れを迎えてしまうこともあります。

 

ですので、復縁したいと思っているなら執着心を手放す必要があるので、執着心を手放すようにしましょう。次は、そんな執着心を手放す4つの方法をご紹介します。

 

▼関連記事
復縁を諦めたいのに元カレを忘れられないあなたが取るべき2つの道

 

 

執着心を手放して復縁成就を叶えよう!

復縁に執着してしまう気持ちは様々ありますが、先ほど紹介した執着する人の共通点にひとつでも当てはまってしまった方は執着心を手放すようにすると、物事を前向きに捉えられるようになるかもしれません。執着心を手放したいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・断捨離をする
執着心を手放すためには、まずは部屋の中の不要なものを捨てましょう。部屋の様子は心の様子を表しているとも言われますので、思い悩んでいるときは部屋の中もごちゃごちゃしがち。整理整頓することで、視界も心もスッキリするでしょう。
不要なものを捨てることで、「手放すことが怖い」という心理が薄れていく効果もあります。

 

・趣味を見つける
執着心の強い人は視野が狭くなりがちなので、新たなことに目を向けましょう。夢中になれる趣味を作ったり、毎日を楽しく過ごせる何かを見つけられれば、復縁したい執着心から気がそがれることでしょう。
音楽鑑賞が好きなら自身で演奏できるようになるなど、今まで好きだったことから幅を広げるのもおすすめ。

 

・新たな出会いで視野を広げる
一人の相手を好きになってしまうと他の異性に目が向かなくなってしまうこともありますが、いろいろな人と出会うことで様々な考え方を知ることができます。凝り固まった自分の考えも、自ずと変わっていくでしょう。

 

・素直な気持ちで生きる
執着心が強い人は、物事や人間関係を損得勘定で考えてしまったり、感情表現が苦手だったりして、本当にしたいことをできない場合もあります。自分の素直な気持ちに従って行動すると執着心から解き放たれることもあります。

 

いかがでしたか。
復縁したいというあなたの気持ちは、自分本位の執着心から生まれたものかもしれません。別れたばかりだと自分の感情に支配されがちですが、相手のことを考えられるようになると、復縁すべきか否か見えてくるでしょう。そして、やっぱり復縁するんだという強い思いがあるならば、復縁するために執着心を捨てて前進あるのみです。

 

≪その他オススメの復縁コラム記事≫
みんなの復縁エピソードから学ぶ復縁成就の方程式
復縁成就の秘訣は素直になって全てをさらけ出すこと?!

 

▼復縁コラム記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける