復縁メール・LINE

復縁に成功したメールってどんなメール?成功例を見てみよう

メールをいつ送るかで復縁の成功率って違うの?

復縁したい時、まず何をしますか?

 

今の時代、大抵の人がラインやメールなどで相手とコンタクトをとろうとします。
「直接話すのはちょっと怖い」「電話だと話せる時間かどうか分からないから気を遣う」
そんな時、メールやラインなら自分の気持ちを伝えられるし相手の反応を窺える、重宝するツールですよね。

 

携帯電話が普及する前は、相手の住んでいる町の駅で待ち伏せする、家の前で待つ、などの直接的な接触方法しかなかったのですから、随分便利な時代になりました。

 

ですが、メールやLINEは、送り方や内容によっては、時に直接会うよりこじれてしまったり、真意が伝わらないこともあるということを充分知っておかなければなりません。

 

また、重要なのが、メールを送るタイミング

 

恋人と別れてしまったけど「今すぐやり直したい!」とメールをするのはちょっと待った!

復縁の成功率を上げるため、メールをいつ送ったらいいのか考えましょう。
さらに、復縁に成功するメールにはある法則があるんです。次項でそれを実例を交え、分かりやすく説明します。

 

復縁に成功するメールにはタイミングが重要?

メールはいつ送るかで復縁の成功率が違ってきます。
復縁に成功するメールをしたいなら、「復縁できないメールを送っている人が結構多い」ということを知っておかなければなりません。

 

復縁をしたい!と思っている側からすると、相手と別れたその日のうちに「別れたくないことを伝えたい」「とりあえず謝りたい」「悪い点があれば直すからやり直したい」「どうアプローチしたら復縁してもらえるだろうか」と連絡する手段を考え始めます。

 

はじめはメール、あるいはLINE、それで伝わらなければ手紙や電話「なんとかして相手に自分の思いを伝えたい」と突っ走りがちです。

 

実はこれ、相手からすると、とても迷惑。これらの行動は復縁には逆効果となりますのでご用心!
別れる事情は色々あれど、破局を迎える原因は一日やそこいらの問題ではありません。
別れ話が出る前に相手の中では煮詰まってきたことであり、意思の疎通が出来なかったことから生じているのです。

 

正直言って、振った側からすると、別れた直後のメールは、読みたくもないし見たくもないというのが本音。そう、別れた直後のメールは、厳禁なんです。

 

復縁したい側としては、鉄は熱いうちに打てではないですが、早く気持ちをわかって欲しい、謝って元の関係に戻りたい、となってしまっていますが、相手の心の中で、今回の件が一段落し、復縁したい側の気持ちを受け入れられるようになるには時間が必要です。

 

この時、待ちきれずに連絡をとってしまっては復縁の成功率がぐっと下がってしまいます。

 

まずは、時間を置いてください。

 

 

うかうかしてると相手が自分のことを忘れてしまうのでは、と慌てる方もいますが、大丈夫、忘れかけた頃のメールの方が復縁の成功率が高いくらいです。
目安としては自分も、「そういえば、元気かな」と思い出すような気持ちになる期間は置くこと。

 

メールをどんな時間帯に送るかが重要?

電話や直接会いに行くのと違って、深夜だろうが早朝だろうが昼日中だろうが、書きたいときに内容を書いておけるのがメールやLINEの特徴です。そして、出そうと思えばすぐに出せます。
ですが、いつそれを見るかは受け取った相手が選択できるものではありますが、時間に構わず送ってしまうと、寝ているのを起こしてしまったり、仕事中に受信音がなってしまったり、迷惑になってしまうこともあるんですよね。

 

それに、送信時間が明け方の3時、など常識はずれな時間帯だと、「そんな時間まで思い悩んでいたのか、怖い」と重い認定されてしまったり、平日の、しかも月曜日の午前中だったら、「仕事中もこんなプライベートなメールしてくるとか、無責任すぎる」と呆れられてしまうことも。

 

たとえ電話や直接訪問でなかったとしても、相手の生活パターンを思いやった時間帯にメールを送信しましょう。
生活パターンはそれぞれ違いますが、夕食後から就寝前までの時間なら比較的時間的余裕も心の余裕もある場合が多いです。

 

元恋人とは一日のうち、どの時間にメールやLINEをすることが多かったですか?
復縁したいという重要な用件だからと言って相手の生活パターンを乱すような連絡は取らないこと。また、返事がないからと言って、何回も同じような内容を送信するのもNGです。

 

復縁に成功したメールの内容、その成功例

今まで、復縁メールを送るタイミング、送るまでの期間や時間帯をご説明してきました。
ここからが本番です。復縁に成功したメールの内容、本文です。
 
「久しぶり、元気?最近何してる?この前インスタで流行ってるかき氷食べに行ったんだけど、ふわふわでおいしかったよ!」
 
「元気ですか?中本軒で激辛に挑戦したけど無謀だった。○○、激辛完食してたっけ。最近新規開拓したお店があったら教えて」
 
「オーストラリア行ってたって聞いたよ。どうだった?」

 

お分かりになりますでしょうか。
復縁したいと言う自分の思いの丈は書いてありません。
すべて、他愛のない日常の話です。

 

実は、復縁に成功するメールやLINEの内容は、ほとんどが日常の何気ない会話なんです。
というのも、一度破局している相手にとって、破局は傷になっている場合が多く、過去の謝罪やどれだけ相手を好きかという話はすべて「うざい」「重い」となってしまいます。

 

相手を大事に思うなら、それを言葉ではなく実際の行動にすることです。
それは、好きだと一方的に自分の気持ちを押し付けることではないんです。
相手とよりを戻したいからこそ、相手を思いやったメールを送ることです。

 

・メールの文面からポジティブな雰囲気が出ていること。
・一緒に過ごす時間を想起させるものであること。

 

復縁したい、ということはこちらからは口にしないでください。

 

まずは、一緒の時間を過ごせる相手になることが、先決なんです。その延長線上に復縁があります。
一度恋愛関係になった二人の場合「やっぱりこの人と一緒だといいな」と思えるようになれば恋愛関係に戻りやすいのです。
そのためには、送るメールの文面には一切恋愛を覗かせないことです。

 

復縁を望んでいる時は、今すぐにでも連絡したい!という方が多いかと思いますが、気持ちを落ち着けてくださいね。

 

 

≪その他のオススメ復縁コラム≫

 

復縁成功の鍵は「感謝」の気持ち!謝意を伝えるメール術
復縁したいなら深夜はNG?!成功するLINE・メール送信時間

 

▼復縁メール記事一覧に戻る

       
関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気持ちを届ける